映画
レッド・ファミリー

レッド・ファミリー
現在、放送予定はありません。

北朝鮮から韓国に送り込まれた4人のスパイは、なんとか韓国の平均的家族のように振る舞う……。韓国のキム・ギドク監督が製作総指揮などを務めた異色サスペンスコメディ。

20世紀末から快進撃が続く韓国映画界だが、「嘆きのピエタ」などで同国を代表する世界的鬼才キム・ギドク監督が製作総指揮など3役を務めたのが本作。北朝鮮から韓国に送り込まれ、疑似家族になったスパイ4人。韓国の政治体制に批判的だが、同じ朝鮮民族としてのアイデンティティーは否定し切ることができず……。途中までは彼らが置かれたシニカルな状況をコミカルに描くというブラックユーモア的視点を強調しながら、クライマックスでそれが予期せぬ状況に転じるのが無比の衝撃と感動を見る者にもたらす力作だ。

My番組登録者数
  • 0
レッド・ファミリー

北朝鮮から韓国に送り込まれた4人のスパイは、なんとか韓国の平均的家族のように振る舞う……。韓国のキム・ギドク監督が製作総指揮などを務めた異色サスペンスコメディ。

ソウル郊外。一見仲むつまじい家族、ベク・スンヘ、キム・ジェホンら4人だが、妻・夫などの役をそれぞれ演じながら、韓国の情報を収集している北朝鮮のスパイだった。彼らは隣家で暮らす、それぞれわがままな4人家族を“資本主義の限界”で自堕落と見下すが、家族を人質に取られるなどして今の任務に就くよう迫られた自分たちより幸福ではないかとも感じる。そんな4人に、“隣家に住む4人家族を殺せ”という指令が下るが……。

作品データ

  • 原題/Red Family
  • 制作年/2013
  • 制作国/韓国
  • 内容時間(字幕版)/100分
  • ジャンル/コメディ・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
ベク・スンヘ(妻役/班長) キム・ユミ
キム・ジェホン(夫役) チョン・ウ
チョ・ミョンシク(祖父役) ソン・ビョンホ
オ・ミンジ(娘役) パク・ソヨン

スタッフ

  • 監督
    イ・ジュヒョン
  • 製作総指揮
    キム・ギドク
  • 脚本
    キム・ギドク
  • 撮影
    イ・チュニ
  • 編集
    キム・ギドク

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • ネタバレお互いが敬えば…

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2015/11/13 10:29

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • ギドク脚本

    • ★★★★☆
    • rutanderin
    • 2015/11/03 22:04

    ギドク脚本の映画は3本目です。この人の脚本は『嘆きのピエタ』が衝撃的でした。今作は雰囲気が変わってわりとコミカルなシーンもありました。とは言え北の工作員の話なの 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの