映画
海月姫

海月姫

12/6(日)深夜3:30

東村アキコの人気コミックを、能年玲奈と菅田将暉共演で映画化。オタク女子ばかりが住むアパートが存続の危機に陥り、住人たちは美しい女装男子の力を借りて立ち上がる。

東村アキコの同名作を「L・DK」などの川村泰祐監督が実写映画化。連続テレビ小説「あまちゃん」の後、「ホットロード」で女優としての幅を広げた能年が、180度違うオタク女子の役に挑み、一段と成長を見せた。さらには相手役の女装男子・蔵之介役を演じた菅田の女子力の高さも特筆もの。オタク女子仲間に扮する池脇千鶴、太田莉奈、篠原ともえの、一見彼女たちとは分からないようなはまりぶりも驚かされるだろう。クライマックス、SEKAI NO OWARIの楽曲が流れるファッションショーの場面は必見。

My番組登録者数
  • 9
海月姫

東村アキコの人気コミックを、能年玲奈と菅田将暉共演で映画化。オタク女子ばかりが住むアパートが存続の危機に陥り、住人たちは美しい女装男子の力を借りて立ち上がる。

クラゲに夢中で恋愛やオシャレに無縁なオタク女子の月海。彼女はジャンルこそ違うがオタク女性ばかりが集う老朽アパート“天水館”に暮らしていた。ある日、月海は偶然から通りすがりのオシャレ女子と知り合う。なんとその人物は、蔵之介という女装が趣味なだけのイケメン青年だった。男子禁制の天水館に女装して上がり込む蔵之介に、いつしか心を開いていく月海。そんな中、周辺の再開発で天水館に取り壊しの話が持ち上がり……。

作品データ

  • 制作年/2014
  • 制作国/日本
  • 内容時間/127分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春・コメディ

楽曲情報

  • SEKAI NO OWARI
    「マーメイドラプソディー」

出演

役名 役者名
倉下月海 のん
鯉淵蔵之介 菅田将暉
鯉淵修 長谷川博己
ばんばさん 池脇千鶴
まやや 太田莉菜
千絵子 馬場園梓
ジジ様 篠原ともえ

スタッフ

  • 監督
    川村泰祐
  • 脚本
    大野敏哉
  • 脚本
    川村泰祐
  • 撮影
    福本淳
  • 音楽
    前山田健一

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 全員一丸だけど、一丸じゃない

    • ★☆☆☆☆
    • newmorning
    • 2015/12/22 20:05

    「あまちゃん」好きなので鑑賞。のっけからコアなオタクの会話・言葉づかいに辟易。まぁ「原作の世界観反映」してるかもしれないので、無知なオッサンが文句言うのはヤボな 続きを読む

  • どこに出ていったけ?

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2015/11/16 11:49

    …テレビはほとんど見ないので、テレビドラマ「あまちゃん」でブレイクしたとかいう能年玲奈には興味はなかったが、『そこのみて光輝く』で渾身の演技をした菅田将暉の名前 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの