映画
コーヒーをめぐる冒険

コーヒーをめぐる冒険
現在、放送予定はありません。

なぜかツキに見放されて災難続きの不運な一日を過ごすはめとなった青年の姿をモノクロ映像で軽妙に描いて絶賛を博した、ドイツ期待の新鋭J・O・ゲルスターの監督第1作。

ドイツのベルリンを舞台に、なぜかツキに見放され、とんだ不運な目に遭い続ける青年の不条理な一日を、オフビートなタッチで軽妙に描写。1978年生まれのゲルスター監督がドイツ映画テレビ・アカデミーの卒業制作として発表した本作は、幾多の海外の映画祭に出品されて、ジム・ジャームッシュやウディ・アレンの作風を思わせると高い評価と支持を獲得。本国ドイツでも異例の大ヒットを飛ばし、同国のアカデミー賞で作品・監督・主演男優賞など、主要6部門に輝く快挙を達成した。主演は「素粒子」のT・シリング。

My番組登録者数
  • 0
コーヒーをめぐる冒険

なぜかツキに見放されて災難続きの不運な一日を過ごすはめとなった青年の姿をモノクロ映像で軽妙に描いて絶賛を博した、ドイツ期待の新鋭J・O・ゲルスターの監督第1作。

父親には内緒で大学を2年前に辞め、定職にも就かぬまま、ベルリンでぶらぶらと毎日を過ごす青年のニコ。ある日の早朝、恋人のエリとけんかして彼女の部屋から荷物ごと追い出された彼は、その後、久々にアパートの自室に舞い戻ったところで、上階の住人の中年男の訪問を受けて彼の愚痴に付き合わされたり、父親に呼び出されて仕送りの打ち切りを宣言されたり…といった具合に、なぜか災難続きの不運な一日を過ごすはめとなる。

作品データ

  • 原題/Oh Boy
  • 制作年/2012
  • 制作国/ドイツ
  • 内容時間(字幕版)/85分
  • ジャンル/ドラマ・コメディ

出演

役名 役者名
ニコ・フィッシャー トム・シリング
マッツェ マルク・ホーゼマン
ユリカ フリデリーケ・ケンプター
エリ カタリーナ・シュットラー
カール ユストゥス・フォン・ドホナーニ

スタッフ

  • 監督
    ヤン・オーレ・ゲルスター
  • 製作
    マルコス・カンティス
  • 製作
    マーティン・レーヴァルト
  • 製作
    ミヒャル・ポコルニー
  • 脚本
    ヤン・オーレ・ゲルスター
  • 撮影
    フィリップ・キルザマー
  • 音楽
    ザ・メジャー・マイナーズ
  • 音楽
    シャーリン・マクニール

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレコーヒーブレイクを追いかけて

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2015/07/27 15:10

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの