映画
冬の華

冬の華

7/13(火)午後1:00

7/27(火)よる7:45

渡世の義理で殺すはめとなった男の娘のことを気にかけ、伯父と偽って文通しながら彼女の成長を見守るヤクザを高倉健が哀切に好演した、ヤクザ映画版「あしながおじさん」。

先に高倉主演のTVドラマ「あにき」で脚本を手掛けた倉本聰が、「あしながおじさん」をベースに書き下ろした脚本を、監督・降旗康男&主演・高倉の顔合わせで映画化(後にこのトリオで「駅 STATION」が生み出される)。自らの手でその父親をあやめ、孤児となった少女の成長を、遠くからじっと見守り続けるヤクザの姿を、C・チアリの叙情的なギター音楽やクラシックの名曲をバックに切々と描く本作は、従来のヤクザ映画とは一線を画す異色の内容で、これが東映ヤクザ映画への健さんの訣別の一作となった。

My番組登録者数
  • 321
冬の華

渡世の義理で殺すはめとなった男の娘のことを気にかけ、伯父と偽って文通しながら彼女の成長を見守るヤクザを高倉健が哀切に好演した、ヤクザ映画版「あしながおじさん」。

関東ヤクザの一大勢力、東竜会幹部の加納は、東竜会を関西連合と合併させようと画策していた兄貴分の松岡を殺すはめとなり、まだ幼い松岡の娘・洋子の世話を舎弟の南に託すと、旭川刑務所に送られる。それから15年後、服役を終えて加納は出所するが、彼の不在の間に東竜会の連中はすっかり様変わりしていた。服役中、ブラジルにいる伯父と偽って洋子と文通していた加納は、すっかり美しく成長した彼女の姿を目の当たりにして…。

作品データ

  • 制作年/1978
  • 制作国/日本
  • 内容時間/121分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
加納秀次 高倉健
松岡洋子 池上季実子
南幸吉 田中邦衛
松岡幸太郎 池部良
坂田道郎 北大路欣也

スタッフ

  • 監督
    降旗康男
  • 脚本
    倉本聰
  • 撮影
    仲沢半次郎
  • 音楽
    クロード・チアリ

関連特集

あなたの映画館

リクエストの声とともに作品をお届け

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 高倉健 最高傑作

    • ★★★★★
    • cjr*******
    • 2021/05/01 15:51

    健さんの映画で1番です。

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

あなたの映画館

リクエストの声とともに作品をお届け

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの