{"prg_cd":"020892"}
{"prg_cd":"113137"}
{"prg_cd":"113903"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"112857"}
{"prg_cd":"113985"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"113803"}
{"prg_cd":"113804"}
{"prg_cd":"111509"}
{"prg_cd":"113829"}
{"prg_cd":"112795"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"113833"}
{"prg_cd":"108366"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"112964"}
{"prg_cd":"112662"}
{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"113069"}
{"prg_cd":"113756"}

ステージ
有村架純主演・東山紀之「ジャンヌ・ダルク」 19歳で燃え尽きた命。

有村架純主演・東山紀之「ジャンヌ・ダルク」
現在、放送予定はありません。

2014年、初舞台・初主演の有村架純が悲劇のヒロイン、ジャンヌ・ダルクに挑む。運命の鍵を握るフランス王を演じるのは東山紀之。総勢130人のキャストで描く史劇。

ジャンヌを演じるのは有村架純。連続テレビ小説「あまちゃん」への出演で注目を浴び、今や映画にドラマにCMにと大活躍だが、舞台は本作が初挑戦となる。また、ジャンヌから大きな影響を受けるフランス王・シャルル7世を演じるのは東山紀之。さらに、2010年版に続き、演出・白井晃、脚本・中島かずき、音楽・三宅純という日本演劇界のトップランナーが再集結し、宿命に立ち向かったひとりの女性の運命をドラマチックに描く。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
有村架純主演・東山紀之「ジャンヌ・ダルク」

2014年、初舞台・初主演の有村架純が悲劇のヒロイン、ジャンヌ・ダルクに挑む。運命の鍵を握るフランス王を演じるのは東山紀之。総勢130人のキャストで描く史劇。

15世紀前半に生きたフランスの女性兵士、ジャンヌ・ダルクをヒロインに据えた舞台。ジャンヌは、イングランドとの百年戦争でフランスの救世主といわれながら、その後イングランド側の宗教裁判により、19歳で火刑に処されたとされている。しかし、彼女についてはいまだ謎に包まれている部分が多い。この舞台では、ジャンヌの伝説に新たな側面から光を当て、彼女をひとりの人間としてその生涯を浮き彫りにしていく。
【ストーリー】ジャンヌ・ダルク(有村架純)は1412年にフランスのドムレミ村で生まれた信仰心の強い少女。13歳で「フランスを救え、フランス王を救え」という神の声を聞いた彼女は1428年、ドムレミ村を襲撃したイングランド軍に立ち向かう。そして翌年、敬愛する王太子・シャルル(東山紀之)への拝謁がかなうと戴冠式を挙げ正式な国王になるよう進言し、再びイングランド軍との戦争に身を投じるため戦地へ乗り込む。援軍を率いるジャンヌは、イングランド軍に包囲されていたオルレアンを解放。その勢いでパリに突撃する。だが、イングランド軍とパリ兵士による混成軍の守りは堅く敗走。ついにある日、戴冠式を済ませたシャルル7世のもとへ、反シャルル派のブルゴーニュ軍にジャンヌが捕らわれたとの知らせが届く。だが、シャルル7世はある思惑から身代金を支払わない。ジャンヌはイングランド側に渡され、ルーアンで宗教裁判にかけられる…。

収録日・収録場所

  • 2014年10月/東京 赤坂ACTシアター

出演

  • 有村架純
  • 佐藤藍子
  • 尾上寛之
  • 山口馬木也
  • 矢崎広
  • 青木健
  • 吉田メタル
  • 堀部圭亮
  • 上杉祥三
  • 春海四方
  • 高橋ひとみ
  • 田山涼成
  • 西岡徳馬
  • 東山紀之

スタッフ

  • 演出
    白井晃
  • 脚本
    中島かずき
  • 音楽
    三宅純
  • 原案・監修
    佐藤賢一
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの