ステージ
伊東四朗主演「吉良ですが、なにか?」作:三谷幸喜 演出:ラサール石井  生誕?!77周年記念

伊東四朗主演「吉良ですが、なにか?」作:三谷幸喜 演出:ラサール石井
現在、放送予定はありません。

伊東四朗生誕?!77周年記念にふさわしい傑作喜劇。三谷幸喜が脚本、ラサール石井が演出を手掛け、喜劇の最強コラボが日本一有名な敵役・忠臣蔵の吉良上野介を「いじる」

「喜寿」といわず生誕?!77周年とあえてズラした伊東のため三谷が用意したのは、タイトルからすでに人をくった「吉良ですが、なにか?」。「吉良」とは、映画、ドラマ、歌舞伎などでおなじみの「忠臣蔵」の敵役「吉良上野介」のこと。伊東が「吉良」役を演じるのだが、この喜劇黄金コラボでは、もちろん通常の「忠臣蔵」が演じられるわけではない。
そもそも舞台の冒頭のシーンが、うすら寒い中規模病院の待合室、というところから意表をついている。そこで伊東を中心に、多彩な役者たちが動き回る喜劇が展開されていく。

My番組登録者数
  • 0
伊東四朗主演「吉良ですが、なにか?」作:三谷幸喜 演出:ラサール石井

伊東四朗生誕?!77周年記念にふさわしい傑作喜劇。三谷幸喜が脚本、ラサール石井が演出を手掛け、喜劇の最強コラボが日本一有名な敵役・忠臣蔵の吉良上野介を「いじる」

三谷にしか書けない喜劇、ラサールにしか演出できない喜劇、そして伊東にしかできない複雑軽妙な喜劇の領域がここにある。三谷は、「相対する複雑な心情を完璧に演じられる俳優は、日本には伊東以外にいない」と語る。ラサール石井は、「爆笑させたあとにシリアスになれる芝居ができる、喜劇役者の最高峰」が伊東だと断言。まさに本作は、“性格俳優”伊東四朗の魅力を存分に引き出した傑作となった。
【ストーリー】吉良上野介(伊東四朗)の家族は病院の待合室にいた。吉良の家臣小林(阿南健治)から長女のツルコ(馬渕英里何)に吉良が襲われたとの連絡があったのだ。ツルコから連絡を受けた次女のアグリ(瀬戸たかの)と夫マサタケ(駿河太郎)、三女のキクコ(福田沙紀)と夫ツネナリ(伊東孝明)も駆けつける。小林によれば吉良は江戸城松の廊下で浅野内匠頭に額と背中を切り付けられたが、大したけがではないという。一家が落ち着きを取り戻したところに、吉良家の跡継ぎで養子のヨシチカ(大竹浩一)が待合室に走り込んでくる。バンドを結成しているヨシチカは、吉良が死亡したものと思い、追悼のバラードまで作っていた。そんな中、傷の説明をしにきた医師(ラサール石井)の口から娘たちの知らない女性の話題が飛び出す。それは吉良の愛人シマ(戸田恵子)のことだった。娘たちが色めき立つ中、当の吉良が待合室にのこのこやって来る。

収録日・収録場所

  • 2014年12月3日/東京 本多劇場

出演

  • 伊東四朗
  • 福田沙紀
  • 馬渕英里何
  • 瀬戸たかの
  • 駿河太郎
  • 伊東孝明
  • 大竹浩一
  • 阿南健治
  • ラサール石井
  • 戸田恵子

スタッフ

  • 三谷幸喜
  • 演出
    ラサール石井
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの