メニュー

スポーツ
錦織・クルム伊達 それぞれの世界挑戦2015 〜2015 躍動〜

錦織・クルム伊達 それぞれの世界挑戦2015
現在、放送予定はありません。

2014年、ついにトップ5入りを果たした“日本のエース”錦織圭、44歳の今も最前線で戦い続けるクルム伊達公子。シーズンを振り返り、それぞれの挑戦への想いに迫る。

2014年の躍進で世界ランキング5位にまで駆け上がった24歳の錦織圭と、日本人最高の4位にまで上りつめてから20年、44歳になった今もなお現役として戦い続けるクルム伊達公子。日本テニス界が誇る2人のプレーヤーの2014年を試合と取材映像で振り返り、2015シーズンへのそれぞれの想いに迫る特別番組。過酷なツアー生活に身を置きながらも、目標に向かって躍動し続ける2人の姿を通し、彼らが挑戦し続ける理由をひも解く。

My番組登録者数
  • 0

2014年、ついにトップ5入りを果たした“日本のエース”錦織圭、44歳の今も最前線で戦い続けるクルム伊達公子。シーズンを振り返り、それぞれの挑戦への想いに迫る。

マイケル・チャンをコーチに招いた錦織圭の2014年は、歴史的快挙を果たした1年となった。振り返れば日本人初となるグランドスラム決勝進出、アジア人初のATPワールド・ツアー・ファイナルズ出場、アジア人男子初の世界ランキングトップ5入りと“初”づくしの1年だった。2015年は、あと一歩届かなかったグランドスラムの頂点へ大きな期待も集まる1年となる。新たなシーズン、錦織はどのような進化を目指すのか。
一方、クルム伊達公子の2014年は決して順風満帆ではなかった。全米のダブルスで準決勝進出を果たした以外はグランドスラムで目立った成績を残すことはできなかった。怪我だらけの身体で「引退」の2文字もちらつき始める中、しかし、シーズン土壇場に底力を見せる。ドバイで準優勝、豊田ではベスト4進出を果たし、全豪の本戦出場を確定させた。新シーズンへの希望を繋いだクルム伊達の、決してあきらめない強い思いに迫る。
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの