映画
タンゴ・リブレ 君を想う

タンゴ・リブレ 君を想う
現在、放送予定はありません。

タンゴ好きの自由奔放なひとりの女性を軸に、刑務所の看守と荒くれ者の受刑者たちが奇妙な関係を取り結んでいくさまを、官能的かつスリリングに描いたオフビート・ドラマ。

タンゴ好きの自由奔放なひとりの女性を介して、内気な看守と2人の荒くれ者の受刑者が、複雑でややこしい愛憎関係を取り結んでいく様子を、「ポルノグラフィックな関係」のF・フォンテーヌ監督がユーモラスに描写。「その男 ヴァン・ダム」のF・ダミアンとA・パウリスヴィック、「パンズ・ラビリンス」のS・ロペスら、実力個性派のキャストが顔をそろえて、愉快な競演を披露。第69回ヴェネチア国際映画祭でオリゾンティ部門の審査員特別賞を受賞。また、第28回ワルシャワ国際映画祭でもグランプリに輝いた。

My番組登録者数
  • 0
タンゴ・リブレ 君を想う

タンゴ好きの自由奔放なひとりの女性を軸に、刑務所の看守と荒くれ者の受刑者たちが奇妙な関係を取り結んでいくさまを、官能的かつスリリングに描いたオフビート・ドラマ。

刑務所で看守をしている中年の独身男性J.C.の私生活の趣味は、週に1度、タンゴ教室に通うこと。ある日彼は、教室で30代の女性アリスと知り合い、彼女に心惹かれる。ところが翌日、彼は意外な事実を知って驚く。アリスは荒くれ者の受刑者フェルナンの妻で、しかも別の受刑者ドミニクとも愛人関係にあった。自分の妻が看守とダンスを踊ったと知って激しい嫉妬心を燃やしたフェルナンは、同房の囚人からタンゴを習い始めて…。

作品データ

  • 原題/Tango libre
  • 制作年/2012
  • 制作国/ベルギー/フランス/ルクセンブルク
  • 内容時間(字幕版)/97分
  • ジャンル/ドラマ・ラブロマンス/青春

受賞歴

  • 第69回(2012)ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門・審査員特別賞

出演

役名 役者名
J.C./看守 フランソワ・ダミアン
フェルナン/アリスの夫 セルジ・ロペス
ドミニク/アリスの愛人 ジャン・アムネッケル
アリス アンヌ・パウリスヴィック
アントニオ/アリスの息子 ザカリー・シャセリオ

スタッフ

  • 監督
    フレデリック・フォンテーヌ
  • 製作
    パトリック・キネ
  • 製作
    クロード・ワリンゴ
  • 脚本
    アンヌ・パウリスヴィック
  • 脚本
    フィリップ・ブラスバン
  • 撮影
    ヴィルジニー・サン=マルタン

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ予想外

    • ★★★★☆
    • newmorning
    • 2015/09/13 19:17

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • ネタバレエンドロールの間のタンゴ

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2015/09/11 16:44

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 自由すぎる…

    • ★★★☆☆
    • lunalovegood
    • 2015/09/05 22:30

    ロマンチックな邦題から勝手に「感傷的な大人の官能ロマン」を妄想していたら、とんでもなかったです(笑)看守の JCは 真面目で不器用で几帳面な独身男。
    そんな
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの