映画
キャリー(2013)

キャリー(2013)
現在、放送予定はありません。

高校のいじめられっ子少女キャリーの怒りが頂点に達したとき、惨劇の幕が開く。C・G・モレッツ、J・ムーア共演で同名の名作サイキック学園ホラーをリメイクした話題作。

原作S・キング、監督ブライアン・デ・パルマ、主演シシー・スペイセクが結集した1976年の名作ホラーを、「ボーイズ・ドント・クライ」のK・ピアース監督がリメイク。スタイリッシュな映像テクニックで魅了したデ・パルマ版と異なり、ピアース監督は近年の米国学園事情も盛り込んだ。「キック・アス」のモレッツが演じる思春期の女子高生の繊細な気持ちの揺れを浮かび上がらせる正攻法の演出も見もの。オリジナル版でパイパー・ローリーが演じたキャリーの母親をムーアが演じ、ローリーに引けを取らない怪演だ。

My番組登録者数
  • 0
キャリー(2013)

高校のいじめられっ子少女キャリーの怒りが頂点に達したとき、惨劇の幕が開く。C・G・モレッツ、J・ムーア共演で同名の名作サイキック学園ホラーをリメイクした話題作。

内気な少女キャリーは、あまりに信仰に熱心な母親マーガレットの束縛でまともな友人付き合いもできず、高校では陰湿ないじめにさらされる日々を送っていた。ある日、クラスメートによるキャリーへのいじめが一線を越え、関わった生徒が学校から処分される事態に発展。このことを不服に思った主犯格のクリスはキャリーへの憎しみを募らせる。そんな中、キャリーは念じるだけでさまざまな物体を動かせる不思議な能力に目覚めていく。

作品データ

  • 原題/Carrie
  • 制作年/2013
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(吹替版)/100分
  • ジャンル/ホラー

出演

役名 役者名
キャリー・ホワイト クロエ・グレース・モレッツ 潘めぐみ
マーガレット・ホワイト ジュリアン・ムーア 潘恵子
デジャルダン ジュディ・グリーア 弓場沙織
クリス ポーシャ・ダブルデイ 田村睦心
ビリー アレックス・ラッセル 安元洋貴

スタッフ

  • 監督
    キンバリー・ピアース
  • 製作
    ケヴィン・ミッシャー
  • 脚本
    ロベルト・アギーレ=サカサ
  • 撮影
    スティーヴ・イェドリン
  • 音楽
    マルコ・ベルトラミ

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 原作は絶対に読まなくちゃぁ

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2014/11/06 16:51

    …オリジナルに続いて観てみる。
      ほぼオリジナルに忠実に作られている。
      クロエ・グレース・モレッツの演技が上手くないとは毛頭思わないが、幸の薄いイジラ
    続きを読む

  • オリジナルと違い、ガツンとくるものがなかった。

    • ★★★☆☆
    • クロエ4477
    • 2014/10/27 04:02

    クロエのような可愛い子が何故苛められているのか、虐めっ子、それをかばう子の心境が全く伝わってこない。オリジナルを見ちゃったからだろうけど、結構アラが目立つ。初め 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの