{"prg_cd":"109027"}
{"prg_cd":"109764"}
{"prg_cd":"110681"}
{"prg_cd":"113549"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113740"}
{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"113645"}
{"prg_cd":"113648"}
{"prg_cd":"113199"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"111539"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"112730"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113259"}
{"prg_cd":"114122"}
{"prg_cd":"113073"}
{"prg_cd":"112392"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113117"}
{"prg_cd":"111714"}
{"prg_cd":"113092"}

ドキュメンタリー
ノンフィクションW 綾戸智恵 その歌声が変わった日 ~父と母の痛みを抱いて~

ノンフィクションW 綾戸智恵 その歌声が変わった日
現在、放送予定はありません。

希代のジャズシンガー綾戸智恵が介護中の実母から受けた家族に関する突然の告白。これまで知らなかった家族史を知り、その生き様=音楽を濃厚なものにする過程に完全密着。

2013年にデビュー15周年を迎えたジャズシンガー・綾戸智恵。数年前、女手ひとつで綾戸を育て、今は綾戸が介護を続ける認知症の母から受けた突然の告白、「あなたが父親と思ってきた人とは別に、実は本当の父がいる」。この告白後、母の認知症は悪化し、もはやその真偽・真意を確かめることはできないという。しかし綾戸は、「ひとりで私を守り育ててくれた母。いかなる事情があったにせよ真実を知り、肩の荷を下ろしてやりたい」と、実父を探す旅に出た。「家族と生きることと歌うことは直結している」と語る綾戸が生まれて56年、自身のルーツを知り、その生き様=音楽をさらに濃厚にしていく過程に完全密着。
さらに、「家族」を丁寧に描くことで世界的評価を得る映画監督ヤン・ヨンヒがディレクターを担当、数々の賞に輝いた映画『かぞくのくに』(’12)の次作が本番組となる。希代のジャズシンガーと映画監督が「家族」をテーマにつながる特別企画。
※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ノンフィクションW 綾戸智恵 その歌声が変わった日

希代のジャズシンガー綾戸智恵が介護中の実母から受けた家族に関する突然の告白。これまで知らなかった家族史を知り、その生き様=音楽を濃厚なものにする過程に完全密着。

「あなたが父親と思ってきた人とは別に、実は本当の父がいる…」希代のジャズシンガー綾戸智恵は数年前、介護を続ける認知症の実の母親から突然の告白を受けた。
大阪で育ち、幼くしてピアノを弾き始め、17歳で単身渡米。米国人との結婚・出産・離婚、乳がんとの闘い、実母の介護など、壮絶な人生を送ってきた綾戸の歌声は、それらすべてを詰め込んだような“誰にもまねできない歌声”だ。40歳でのデビューから15周年という節目を機に綾戸は自らの意志で実父を探す旅に出ることを決意。幼き頃の自分や家族のルーツを知る人々との運命的な出会いを経験し、これまで意識すらしたことのなかった「家族」や「生きること」、そして「歌うこと」の意味を突きつけられることとなる。そこから見えてきたのは…。
ディレクターを務めるのは映画監督ヤン・ヨンヒ。綾戸の旅と、その旅があったからこそ生み出されるニューアルバム制作の日々に完全密着する。(2014年)

出演

  • 出演
    綾戸智恵
  • ナレーション
    土屋裕一

スタッフ

  • ディレクター
    ヤン・ヨンヒ(映画『かぞくのくに』など)
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの