{"prg_cd":"104804"}
{"prg_cd":"113375"}
{"prg_cd":"113985"}
{"prg_cd":"114293"}
{"prg_cd":"113251"}
{"prg_cd":"113200"}
{"prg_cd":"113520"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113904"}
{"prg_cd":"113704"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"114042"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113756"}
{"prg_cd":"113903"}
{"prg_cd":"113095"}
{"prg_cd":"113845"}
{"prg_cd":"113116"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113642"}
{"prg_cd":"113371"}
{"prg_cd":"113406"}
{"prg_cd":"111509"}
{"prg_cd":"113535"}
{"prg_cd":"112691"}

音楽
サウンド・シティ -リアル・トゥ・リール ポール・マッカートニー、ニール・ヤング、カート・コバーンが愛した伝説のスタジオ

サウンド・シティ -リアル・トゥ・リール
現在、放送予定はありません。

伝説のレコーディングスタジオ「サウンド・シティ」の隆盛と衰退を追う。グラミー賞13冠のロックのアイコン、デイヴ・グロールが映画監督を務めたドキュメンタリー映画。

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
サウンド・シティ -リアル・トゥ・リール

伝説のレコーディングスタジオ「サウンド・シティ」の隆盛と衰退を追う。グラミー賞13冠のロックのアイコン、デイヴ・グロールが映画監督を務めたドキュメンタリー映画。

グランジ/オルタナティヴ・ロックの象徴的存在となったニルヴァーナのドラマーであり、現在はフー・ファイターズのフロントマンとして活躍するデイヴ・グロール。彼がバンド活動を休止してまで取り組んだ初監督映画が『サウンド・シティ -リアル・トゥ・リール』(2013年)だ。
サウンド・シティは、1970~80年代にロックの名盤の数々を生み出した伝説のレコーディングスタジオ。1991年、ここでニルヴァーナの傑作『ネヴァーマインド』をレコーディングしたデイヴは、既に旧式となっていたアナログ機材特有の生々しい音に魅了され、2011年のスタジオ閉鎖を機に映画の製作を決意。同じくその音に惚れ込んだポール・マッカートニー、ニール・ヤング、故カート・コバーン、フリートウッド・マック、トム・ペティらのコメントや、サウンド・シティの機材を移設したデイヴのスタジオでの、彼らとのセッションが盛り込まれた、音楽ファン必見のドキュメンタリーだ。
この作品から、「Cut Me Some Slack」が第56回グラミー賞の最優秀ロック・ソング。そしてサウンドトラックが同賞最優秀サウンドトラック・アルバムを受賞した。

出演

  • ポール・マッカートニー
  • ニール・ヤング
  • カート・コバーン
  • ジョニー・キャッシュ
  • フリートウッド・マック
  • トレント・レズナー (ナイン・インチ・ネイルズ)
  • トム・ペティ

スタッフ

  • 監督
    デイヴ・グロール
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの