映画
リンカーン

リンカーン
現在、放送予定はありません。

奴隷制度の撤廃に尽力したリンカーン大統領の姿をS・スピルバーグ監督が映画化。入魂の熱演を披露したD・デイ=ルイスが第85回アカデミー主演男優賞に輝いた感動作。

“すべての人間は自由であるべき”という理想と信念を掲げ、南北戦争という国を二分する危機的状況が起きるなか、奴隷制度撤廃のために力を尽くした第16代アメリカ合衆国大統領リンカーン。その彼の困難な闘いに焦点を絞り、大いなる目的達成のため、あらゆる手を尽くして政治的勝利を目指す、その緊迫した攻防戦の様子を、スピルバーグ監督がスリリングに描写。第85回アカデミー賞では最多の12部門にノミネートされ、デイ=ルイスが史上初の3度目のアカデミー主演男優賞に輝いたほか、美術賞受賞も果たした。

My番組登録者数
  • 0
リンカーン

奴隷制度の撤廃に尽力したリンカーン大統領の姿をS・スピルバーグ監督が映画化。入魂の熱演を披露したD・デイ=ルイスが第85回アカデミー主演男優賞に輝いた感動作。

1865年。再選を果たし、任期2期目を迎えたリンカーン大統領だったが、彼が目指す奴隷解放の賛否をめぐって起きた南北戦争は4年目に突入して多くの若者が命を落とし、苦悩の色を日増しに深めていた。それでもなお、“すべての人間は自由であるべき”と固く信じる大統領は、奴隷制度の撤廃を定めた合衆国憲法修正第13条をぜひとも議会で成立させるべく、国務長官のスワードを介して議員たちの多数派工作に乗り出すのだが…。

作品データ

  • 原題/Lincoln
  • 制作年/2012
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/151分
  • ジャンル/歴史劇/時代劇/西部劇

受賞歴

  • 第85回(2012)アカデミー賞主演男優賞「ダニエル・デイ=ルイス」
  • 第85回(2012)アカデミー賞美術賞

出演

役名 役者名
エイブラハム・リンカーン ダニエル・デイ=ルイス
メアリー・トッド・リンカーン サリー・フィールド
ウィリアム・スワード デヴィッド・ストラザーン
ロバート・リンカーン ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
W・N・ビルボ ジェームズ・スペイダー
タデウス・スティーヴンス トミー・リー・ジョーンズ

スタッフ

  • 監督
    スティーヴン・スピルバーグ
  • 製作
    スティーヴン・スピルバーグ
  • 製作
    キャスリーン・ケネディ
  • 脚本
    トニー・クシュナー
  • 撮影
    ヤヌス・カミンスキー
  • 音楽
    ジョン・ウィリアムズ

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • あなたの知らないリンカーン

    • ★★★★★
    • tanaka1948
    • 2014/06/20 18:32

    憲法改正で奴隷解放に至るリンカーンの苦悩と、駆け引きがじっくりと描写されていました。有名なゲティスバーグでの演説や、暗殺されたことなどみんなが知っているリンカー 続きを読む

  • さほどでもなかった。

    • ★★★★☆
    • 祭ばやしが聞こえる
    • 2014/03/05 16:45

    スト-リ-は『hero come on』さんの書かれておられる通りです。この作品は、公開当時、劇場に足を運んで観に行きました。リンカ-ンという人間を描いた作品で 続きを読む

  • ネタバレ私は最高司令官だから

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2014/03/05 13:56

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの