メニュー

ドキュメンタリー
国際共同制作プロジェクト キャメロン・カーペンター:サウンド・オブ・マイ・ライフ

国際共同制作プロジェクト キャメロン・カーペンター:サウンド・オブ・マイ・ライフ
現在、放送予定はありません。

全世界で注目されるオルガン奏者キャメロン・カーペンター。彼の求めてきた“人生の音”を手に入れるまでの苦悩と挑戦、そしてこだわりぬいた夢のオルガン製作に密着。

WOWOWオリジナルドキュメンタリー国際共同制作プロジェクト。フランスの放送局ARTEとドイツの放送局ZDFが参画した共同制作作品である。キャメロン・カーペンターは、1981年アメリカ・ペンシルベニア州生まれのオルガン奏者で、幼少期から類まれなる音楽の才能を発揮し、2006年にジュリアード音楽院の修士号を取得。同年のワールドツアーでは、独自の奏法やファッションなど従来のオルガンの概念を大きく覆すパフォーマンスを披露し、世界中を驚かせた。そして、2008年にリリースしたファーストアルバム『Revolutionary』で、オルガニストとして初めてグラミー賞のソロ・アルバム部門にノミネートされ、2013年2月に開催された東京・サントリーホールのコンサートでも大成功を収めた。長い歴史を持つオルガンの常識を次々と塗り替えて新時代を切り拓く革命的な存在である若き天才オルガ二ストの実像を描く。

My番組登録者数
  • 0
国際共同制作プロジェクト キャメロン・カーペンター:サウンド・オブ・マイ・ライフ

全世界で注目されるオルガン奏者キャメロン・カーペンター。彼の求めてきた“人生の音”を手に入れるまでの苦悩と挑戦、そしてこだわりぬいた夢のオルガン製作に密着。

WOWOWオリジナルドキュメンタリー、フランスの放送局ARTEとドイツの放送局ZDFが参画した国際共同制作プロジェクト作品。
オルガンは元々楽器というよりは建造物。オルガ二ストはその設置場所により個性の違うオルガンを順応させて、さらに自分自身の個性も出さなくてはいけない。フットペダルを踏む足はダンスのステップのようで、鍵盤を動く指は目にも止まらないスピードであるキャメロン・カーペンターの動きにクラシックオルガンの音はついていけないこともあり、コンサート前の調整には毎回多大な時間と労力がかかる。そんな彼の夢は“動かせる”パイプオルガンを製作すること。そしてその長年の夢が今現実となる。
絶えず“クラシック”という古典の世界で、その容姿やプレイスタイルから異端児とみなされ自ら革命を実行してきた彼のこだわりや、そんな彼を創った生まれ故郷や両親への思いを通じて彼が生み出す“音”=人生を紐解く。
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの