映画
ALWAYS 三丁目の夕日'64

ALWAYS 三丁目の夕日'64
現在、放送予定はありません。

昭和39年、東京オリンピック開幕。5年の歳月は東京・下町の三丁目の人々にさまざまな変化をもたらす。吉岡秀隆、堤真一ほか、おなじみの豪華キャスト再々集結の第3作。

西岸良平の国民的人気コミックを山崎貴監督が得意のVFXを駆使して映画化したシリーズで、昭和30年代を舞台に、東京の下町・夕日町三丁目に生きる庶民を描く。このシリーズの特色といえるのは、VFXを駆使してよみがえらせた昭和30年代の風景。本作では東京オリンピック開会式の飛行機雲や、当時開通したばかりの東海道新幹線も登場し、現代とまったく違う風景は懐かしさと郷愁を醸す。登場するキャラクターたちも前作から5年後、それぞれに人物像が成長。その作品世界にファンはみたび感動させられる。

My番組登録者数
  • 0
ALWAYS 三丁目の夕日'64

昭和39年、東京オリンピック開幕。5年の歳月は東京・下町の三丁目の人々にさまざまな変化をもたらす。吉岡秀隆、堤真一ほか、おなじみの豪華キャスト再々集結の第3作。

昭和39年、茶川は雑誌“冒険少年ブック”の看板作家として、「銀河少年ミノル」の連載を続けていた。だが、編集者から“もっと新しい雰囲気で”と言われた茶川はスランプに陥る。そんな折、茶川の父が危篤だという電報が届く。一方、則文とトモエ、六子が暮らす鈴木オートは順調に事業を拡大し、新たな従業員も加え、店構えも立派なものになった。六子は憧れの医師の車を修理したことをきっかけに、彼と交際することになり……。

作品データ

  • 制作年/2012
  • 制作国/日本
  • 内容時間/143分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
茶川竜之介 吉岡秀隆
鈴木則文 堤真一
茶川ヒロミ 小雪
星野六子 堀北真希
鈴木トモエ 薬師丸ひろ子
宅間史郎 三浦友和
大田キン もたいまさこ

スタッフ

  • 監督
    山崎貴
  • 脚本
    古沢良太
  • 脚本
    山崎貴
  • 撮影
    柴崎幸三
  • 音楽
    佐藤直紀

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 涙腺がゆるみます

    • ★★★★☆
    • ISHU
    • 2016/09/01 11:58

    役者陣がみんな、うまい!!

    堤真一が、ろくちゃんのお相手をぶんなぐるシーンすごい(笑)(CG!?)

    ベタだった昭和時代の回顧録のような作品。でもあっ
    続きを読む

  • 昭和のノスタルジックな思い

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2014/06/26 15:45

    …前2作とも観ているので観てみる。
      …あらすじは解説のとおりと書くほどのものはなく、東京オリンピック時代の風情を懐かしむべし。
      栓抜き付きのコーラの
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの