映画
舟を編む

舟を編む

11/27(金)午前10:15

新しい辞書を作るという難事業に取り組むことになった編集者たちの苦労と情熱を、三浦しをんの同名ベストセラーをもとに鮮やかに描き、数々の映画賞に輝いた感動の名作。

新しい辞書作りに取り組む人々のひとかたならぬ苦労と情熱、そして辞書という世界の奥深さを愛情豊かに描き、第9回本屋大賞に輝いた三浦しをんの同名ベストセラー小説を、「川の底からこんにちは」の石井裕也監督がみごとに映画化。その名の通り、真面目で不器用な青年主人公を軽妙に演じる松田龍平を筆頭に、宮崎あおい、オダギリジョーら、出演者ひとりひとりが味わい深い好演を披露。第37回日本アカデミー賞で、作品賞、監督賞など、主要7部門の最優秀賞に輝いたのをはじめ、栄えある映画賞を数多く受賞した。

My番組登録者数
  • 257
舟を編む

新しい辞書を作るという難事業に取り組むことになった編集者たちの苦労と情熱を、三浦しをんの同名ベストセラーをもとに鮮やかに描き、数々の映画賞に輝いた感動の名作。

1995年。とある出版社の営業部に勤めていた真面目で風変わりな青年・馬締は、その独特の言葉のセンスを買われて辞書編集部に異動し、定年間近のベテラン編集者・荒木の指導の下、新しい辞書の編纂作業に取り組むことに。一つ一つの言葉にぴたりと合う絶妙の定義をひねり出す一方で、馬締は、下宿先で出会って一目惚れした美しい女性の香具矢に、自分の胸の内をなかなか伝えることができず、苦悩と焦燥の色を深めていく。

作品データ

  • 制作年/2013
  • 制作国/日本
  • 内容時間/134分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
馬締光也 松田龍平
林香具矢 宮崎あおい
西岡正志 オダギリジョー
岸辺みどり 黒木華
三好麗美 池脇千鶴
松本朋佑 加藤剛

スタッフ

  • 監督
    石井裕也
  • 脚本
    渡辺謙作
  • 撮影
    藤澤順一
  • 音楽
    渡邊崇

関連特集

あなたの映画館

リクエストの声とともに作品をお届け

ユーザーレビュー

現在、10件のレビューが登録されています。

  • 辞書は、大切。

    • ★★★★★
    • へーこーとーちゃん
    • 2020/09/28 19:06

    想像を絶する大変さを痛感しました。
    昔、恩師が辞書は本の中で一番安く買える本。
    と言われましたが、確かにこの手間と時間を考えるともの凄いコスパですね。

  • 人の人生を見る

    • ★★★★☆
    • tiggggger
    • 2016/02/12 17:11

    この映画は面白いかと言えば、つまらなくもあり、単調な時間ということになる。
    しかし、辞書を一度も使ったことがない人は少ないでしょう。
    当たり前にあるものを誰
    続きを読む

  • 善処します…

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2016/02/10 15:17

      …既に7件のレビューがあり、おひとかたを除いて好評価だったので愉しみに観る。
      いや~、なかなか愉しめた。
      こうなると原作を読まないではいられない
    続きを読む

  • 松田龍平が好きでないと辛いかも。

    • ★★★☆☆
    • wako4106
    • 2016/01/16 01:25

    話も内容は面白いのですが、松田龍平さんをあまり好きでない方にはおすすめしません。
    私は宮崎あおいさんを観たくてこの映画を観たのですが、意外と出番が少なく、少し
    続きを読む

  • 地味な映画

    • ★★★★☆
    • rutanderin
    • 2016/01/12 09:47

    地味な映画でした。台詞もボソボソっと呟くような感じで邦画らしい構成で作られた映画です。主役がどうしても松田優作の息子ってイメージがあり過ぎて比較してしまいがちで 続きを読む

  • 地味な仕事を長年続けられる素晴らしい人々の物語。

    • ★★★★★
    • さむらいライター
    • 2016/01/10 15:43

    何をやっても中途半端、派手な仕事をしたがり、何の才能、能力もないのに過去の文化を否定する非道徳な人間が増えてくる世の中でこの物語に出てくるキャラクターには頭が下 続きを読む

  • こういう作品を良いと思わないとダメなの?

    • ★★☆☆☆
    • クロエ4477
    • 2016/01/07 18:08

    ひたすら辞書を作るという鑑賞中も感情移入させる映画です。悪い映画ではないんです。私は途中でリタイアし、2回かけて見ました。でも、こういう映画見て「つまらない」と 続きを読む

  • とても良い映画でした

    • ★★★★★
    • newmorning
    • 2016/01/07 02:52

    若者の成長、友情、勤勉、思いやり、やりがいのある仕事に出会う幸福、そして別れ・・・様々な主題が見事に調和した素晴らしい作品でした。役者、物語、背景、何処から褒め 続きを読む

  • ネタバレ久々に辞書に触れたくなりました

    • ★★★☆☆
    • lunalovegood
    • 2016/01/02 22:08

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 「あらすじ」はつまらなそうだが、観ると意外に面白かった逸品

    • ★★★★★
    • さすらいダイバー
    • 2015/12/09 19:00

    原作が「本屋大賞」受賞という事で映画館で観たし、TV東京の放送でもみました。あたらしく「大渡海」という広辞苑のような辞典を一から作っていく物語。というと退屈でつ 続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

あなたの映画館

リクエストの声とともに作品をお届け

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの