{"prg_cd":"112331"}
{"prg_cd":"106309"}
{"prg_cd":"111930"}
{"prg_cd":"013386"}
{"prg_cd":"112980"}
{"prg_cd":"113210"}
{"prg_cd":"002100"}
{"prg_cd":"113356"}
{"prg_cd":"110889"}
{"prg_cd":"017165"}
{"prg_cd":"113481"}
{"prg_cd":"113903"}
{"prg_cd":"113660"}
{"prg_cd":"113803"}
{"prg_cd":"113804"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113371"}
{"prg_cd":"113985"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"112801"}
{"prg_cd":"113251"}
{"prg_cd":"113125"}
{"prg_cd":"112448"}
{"prg_cd":"113098"}

映画
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

11/22(木)午前9:35

嵐に見舞われて遭難し、トラとともに海上を漂流する運命に陥った少年の波乱の冒険譚を迫真の映像美でスリリングに描き、第85回アカデミー賞で4部門に輝いた驚異の物語。

太平洋上で嵐に見舞われて遭難し、なんとか救命ボートに乗り込んで命拾いした少年。ところがそこにはなんと、ベンガルトラという恐るべきお仲間が乗り合わせていた。かくして少年の決死の航海が今ここに始まる……。そんなの到底ありえないと思わされるY・マーテルのブッカー賞に輝くあっと驚く奇抜な原作を、名匠A・リー監督(本作でアカデミー監督賞受賞)が最新映像技術を駆使して迫真のスリルと臨場感満点に映画化。百聞は一見にしかず。ハラハラドキドキに満ちた摩訶不思議な世界を、ぜひ存分にお楽しみあれ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 228
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

嵐に見舞われて遭難し、トラとともに海上を漂流する運命に陥った少年の波乱の冒険譚を迫真の映像美でスリリングに描き、第85回アカデミー賞で4部門に輝いた驚異の物語。

インドで動物園を経営するパテル一家がカナダに移住することになり、一家は動物たちとともに貨物船に乗り込み、太平洋横断の航海へと出発。ところがその途上、嵐に見舞われて船はあえなく沈没するはめに。16歳の少年のパイただひとり、救命ボートに乗り込んで命拾いしたものの、なんとそこには1頭のベンガルトラが同乗していた。かくして間近でトラと対峙しながら、パイの危険であてどない洋上漂流生活がここにスタートする。

作品データ

  • 原題/Life Of Pi
  • 制作年/2012
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/127分
  • 内容時間(吹替版)/127分
  • ジャンル/アクション/冒険・SF/ファンタジー

受賞歴

  • 第85回(2012)アカデミー賞監督賞「アン・リー」
  • 第85回(2012)アカデミー賞撮影賞
  • 第85回(2012)アカデミー賞視覚効果賞
  • 第85回(2012)アカデミー賞作曲賞

出演

役名 役者名
パイ・パテル(16歳) スラージ・シャルマ
パイ・パテル(成年期) イルファン・カーン
サントッシュ・パテル アディル・フセイン
ジータ・パテル タブー
コック ジェラール・ドパルデュー

スタッフ

  • 監督
    アン・リー
  • 製作
    ギル・ネッター
  • 製作
    アン・リー
  • 製作
    デヴィッド・ウォマーク
  • 脚本
    デヴィッド・マギー
  • 脚本
    ディーン・ジョーガリス
  • 撮影
    クラウディオ・ミランダ
  • 音楽
    マイケル・ダナ

関連特集

アカデミー賞への招待

名作の宝庫、アカデミー賞受賞作が登場。

ユーザーレビュー

現在、5件のレビューが登録されています。

  • どっちを信じますか?

    • ★★★☆☆
    • rutanderin
    • 2014/12/30 15:34

    200日以上海を漂流し、何とか助かった16歳の少年パイが保険会社の調査員に話す漂流記。映像美やトラとの漂流との事でファンタジーっぽい展開でしたが、残りの数分で一 続きを読む

  • ミニョネット号事件を知リ、二度目の鑑賞

    • ★★★★★
    • 1ミリフィルム
    • 2014/02/04 22:42

    動物ドキュメンタリーに目がない私は冒頭3分間の動物園でグッとハートをつかまれ、スリルと映像美に酔いしれながら迎えた終盤で
    パイ少年の告白(=もう一つの物語)に
    続きを読む

  • 吹き替えについて。

    • ★★★☆☆
    • クロエ4477
    • 2013/12/24 08:26

    モッ君の吹き替え、超ヘタクソ!プロの声優さんと全く絡んでなく、一人浮いてしまってる。どうして、これほどの話題作で、素人を使ったのか疑問…。俳優と声優は絶対に違う 続きを読む

  • 始めは子供向かと思いましたが・・・。

    • ★★★★★
    • クロエ4477
    • 2013/12/18 03:31

    映画の冒頭から、おじさんの語り手で物語が進むのかと、少々不安を抱いてしまっったのですが、いい意味で見事に裏切られました。
    我が家のテレビは大きい方ですが、でも
    続きを読む

  • もう一つの真実?

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2013/12/17 17:21

    …あらすじは、解説のとおり。
      父親の経営する動物園が破綻して、動物を売るための航海中に嵐に遭遇して投げ出され、ボートの中で虎と漂流した227日が描かれてい
    続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

アカデミー賞への招待

名作の宝庫、アカデミー賞受賞作が登場。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの