映画
ボーン・レガシー

ボーン・レガシー

5/15(土)午後2:45

6/4(金)午後4:15

ジェイソン・ボーンの死闘と同時期に進行した“アウトカム計画”とは一体何なのか? J・レナーが新ヒーロー役に挑んだ、人気シリーズから派生したスパイアクション大作。

マット・デイモン主演の“ジェイソン・ボーン(J・B)”シリーズ第3作「ボーン・アルティメイタム」と並行する、もうひとつの事件を描いたスピンオフ。シリーズに脚本家として参加していたT・ギルロイが今回は監督も務め、主人公を演じるレナーが体を張ったアクションを披露。J・アレンら、“J・B”シリーズの一部の俳優陣が再登場するのもファンにはうれしい。“J・B”シリーズ同様、スタイリッシュなアクションも健在。クライマックスでのバイクを使った激しいチェイスなどアクションのスピード感は一級。

My番組登録者数
  • 467
ボーン・レガシー

ジェイソン・ボーンの死闘と同時期に進行した“アウトカム計画”とは一体何なのか? J・レナーが新ヒーロー役に挑んだ、人気シリーズから派生したスパイアクション大作。

一流暗殺者を養成するCIAのプログラム“トレッドストーン計画”の裏では、さらなる極秘プログラム“アウトカム計画”が進行していた。もし機密が漏洩すればただごとで済まないと考えた国家調査研究所のリックはCIA長官や国家を守ろうと、証拠隠滅のために全プログラムの抹消を命じる。同計画に参加するメンバー、アーロンはアラスカの訓練地にいたが、相次ぐ予定変更に疑問を感じ、自分も命を狙われていると知って逃亡する。

作品データ

  • 原題/The Bourne Legacy
  • 制作年/2012
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/135分
  • 内容時間(吹替版)/135分
  • ジャンル/アクション/冒険・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
アーロン・クロス ジェレミー・レナー
リック・バイヤー エドワード・ノートン
マルタ・シェアリング博士 レイチェル・ワイズ
パメラ・ランディ ジョアン・アレン
アルバート・ハーシュ博士 アルバート・フィニー
ノア・ヴォーゼン デヴィッド・ストラザーン

スタッフ

  • 監督
    トニー・ギルロイ
  • 製作
    フランク・マーシャル
  • 製作
    パトリック・クローリー
  • 製作
    ジェフリー・M・ワイナーほか
  • 原案
    トニー・ギルロイ
  • 脚本
    トニー・ギルロイ
  • 脚本
    ダン・ギルロイ
  • 撮影
    ロバート・エルスウィット
  • 音楽
    ジェームズ・ニュートン・ハワード

関連特集

「ジェイソン・ボーン」シリーズ一挙放送

吹替で楽しむ!「ジェイソン・ボーン」シリーズ一挙放送

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 刺客ナンバー3がオソマツ

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2013/08/29 10:42

    …あらすじは、解説のとおり。
      「ボーン・シリーズ」は全作観ているが、あまり内容は覚えていない。
      前半はちょっと退屈したものの、フィリピンへ逃亡してか
    続きを読む

  • スピンオフ?!

    • ★★★★☆
    • hitomi1046
    • 2013/08/28 11:44

    観る前はマット・デイモン(ジェイソン・ボーン)が降りてジェレミー・レナーに代わった(007みたいに)のかなぁ~?
    って思ってた。
    けど、観始めたら何だか違う
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

「ジェイソン・ボーン」シリーズ一挙放送

吹替で楽しむ!「ジェイソン・ボーン」シリーズ一挙放送

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの