音楽
ジェーン・バーキン ライブ・イン・ジャパン ~sings Serge Gainsbourg "VIA JAPAN"

ジェーン・バーキン ライブ・イン・ジャパン
現在、放送予定はありません。

東日本大震災復興支援を目的としたジェーン・バーキンのワールドツアーより、東京での公演を放送する。

ジェーン・バーキンは、2011年3月11日に日本で起きた東日本大震災のニュースを知り、すぐに「ラ・ジャヴァネーズ」を自宅で歌った映像を届けた。翌月には、家族の反対を押し切って自費での単身来日を果たす。
そして、ジェーンの意思に賛同した日本の女優や音楽家らと復興支援のための無料のチャリティーコンサートを開催。演奏は、中島ノブユキ(pf)、金子飛鳥(vl)、坂口修一郎(tp/tb)、栗原務(dr)によるジェーン・バンド。会場で集まった寄付金は「M〓decins du monde(世界の医療団)」を通じて被災者へ送られた。また滞在中には、街頭での義援金の呼びかけ・都内避難所への慰問など、精力的に日本のための活動を続けた。
この公演がきっかけとなり、ジェーンは、それまで躊躇していた世界ツアーを行なうことを決意。本人の強い要望により、バンドメンバーは東京で共演した同じ編成の日本人ミュージシャンによって編成され、東日本大震災への復興支援の願いを込めて「Jane Birkin sings Serge Gainsbourg ”VIA JAPAN”」というツアー名を掲げた。そして、27か国で74回に及んだ公演が、日本から始まるアジアツアーを最後についに幕を閉じる。
そんな注目のツアーの中から、3月28日に東京オペラシティ コンサートホールでオリジナルメンバーとともに行なわれる東京公演の模様をWOWOWで生中継することが決定!日本で起きた震災のことを人々が忘れることのないように、世界各地を巡っているこのツアー。最愛の地・日本で行なわれるステージの生中継を見逃せない。

My番組登録者数
  • 0
ジェーン・バーキン ライブ・イン・ジャパン

東日本大震災復興支援を目的としたジェーン・バーキンのワールドツアーより、東京での公演を放送する。

フランスを代表する女優・歌手として活躍しながら、ファッション・アイコンとしても世界中から愛され続けているジェーン・バーキン。60歳を超えた今もステージに立ち、監督としても映画製作を手掛けるだけでなく、人権問題などの社会活動にも熱心に取り組んでおりその輝きは今もなお健在である。
彼女は東日本大震災への復興支援の願いを込めて「Jane Birkin sings Serge Gainsbourg"VIA JAPAN"」というツアー名を掲げ、日本で起きた震災のことを人々が忘れることのないように、世界各地を巡った。コンサートではセルジュ・ゲンズブールがジェーン・バーキンのために書き下ろした楽曲が披露され、歌手として女優としてそして社会活動家としてのジェーンの魅力を余すことなく伝えるコンサートとなっている。オリジナルメンバーとともに行なわれる東京公演の模様をお届けする。

楽曲情報

  • REQUIEM POUR UN CON
  • TOMBEE DES NUES
  • CLASSEE X
  • JANE B
  • L 'AQUOIBONISTE

出演

  • Jane Birkin
  • 中島ノブユキ
  • 金子飛鳥
  • 坂口修一郎
  • 栗原務
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの