ステージ
ワーグナーの夢~メトロポリタン・オペラの挑戦~ 《ニーベルングの指環》の舞台裏

ワーグナーの夢~メトロポリタン・オペラの挑戦~

4/11(土)午前11:30

舞台での完全実現は不可能ともいわれる超大作オペラ「ニーベルングの指環」。ハイテクを駆使し、驚愕の演出を創造したR・ルパージュらの、4年間の挑戦に密着する。

“舞台では実現不可能”ともいわれてきた、ワーグナー作の空前の大作オペラ「ニーベルングの指環」4部作。同じモチーフが映画化された例(『ロード・オブ・ザ・リング』など)はあるが、この神話の世界を舞台で完全に表現することはワーグナー自身すらできなかったという。
2013年のワーグナー生誕200年を控え、これまで数多くの革新的なプロダクションに挑んできたメトロポリタン・オペラ(MET)が、その「ニーベルングの指環」全4部作の新演出上演に挑む。45tものセットを搬入できるように、劇場を改修。演出は、シルク・ドゥ・ソレイユを手がける“映像の魔術師”ロベール・ルパージュが手がけた。4年間に及ぶ、波乱万丈の挑戦に完全密着する。

My番組登録者数
  • 311
ワーグナーの夢~メトロポリタン・オペラの挑戦~

舞台での完全実現は不可能ともいわれる超大作オペラ「ニーベルングの指環」。ハイテクを駆使し、驚愕の演出を創造したR・ルパージュらの、4年間の挑戦に密着する。

北欧神話をモチーフに、ワーグナーが26年かけてつくり上げた4部作のオペラ「ニーベルングの指環」。虹を歩く神々、水中の人魚など、舞台化困難といわれる作品の新演出上演に、METが挑んだ。伝統を尊重しつつも、オペラには挑戦が必要と考えるピーター・ゲルブ総裁は、ロベール・ルパージュに演出を依頼する。ルパージュが着想したのは、多彩な映像を映し出しながら変幻自在に動く巨大な装置を使った舞台だった。
2008年から制作が始まった装置は、数多くの試行錯誤を経てついに完成。2010年、新演出への期待の声、古いファンの批判的な声が飛び交う中「序夜<ラインの黄金>」が上演される。本番中の装置の停止、主演歌手の降板など、トラブルが続く中、ルパージュと、デボラ・ヴォイトら歌手たちは、舞台上に壮大な物語を描き出していく。2012年の最終章の上演まで、4年間にわたる空前のプロジェクトが生み出すものとは…。

関連特集

2カ月連続!ニーベルングの指環シリーズ一挙放送

関連特集

2カ月連続!ニーベルングの指環シリーズ一挙放送

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの