ステージ
THE BEE 宮沢りえ×池田成志×近藤良平×野田秀樹

THE BEE 宮沢りえ×池田成志×近藤良平×野田秀樹
現在、放送予定はありません。

宮沢りえが小空間に挑む。野田演じる井戸に監禁される女を、客席と近い空間で濃密に演じる「THE BEE」。個性豊かなキャストによる、息詰まる室内劇は必見。

野田が「9・11」アメリカ同時多発テロに触発されて作ったという作品。憎悪の応酬の中に置かれた“人間”そのものが描かれる。限られた空間の中、わずか4人のキャストが、多彩な演技と舞台を覆う巨大な紙や小道具を自在に駆使。観客の想像力をかきたてる“演劇らしさ”あふれる演出で、濃密な物語を途切れなくスリリングに展開、見る者を引き込んでいく。
平凡な人間が突如として暴力性をむき出しにするさまを、野田自身が怪演。理不尽な暴力の連鎖に飲み込まれていく女性の激情と恐怖、絶望と空虚を、宮沢りえが妖艶な魅力を放ちながら演じ上げる。小さな舞台空間に緊張感が満ち、人間の本性を鋭く問いかけてくる一作だ。

My番組登録者数
  • 0
THE BEE 宮沢りえ×池田成志×近藤良平×野田秀樹

宮沢りえが小空間に挑む。野田演じる井戸に監禁される女を、客席と近い空間で濃密に演じる「THE BEE」。個性豊かなキャストによる、息詰まる室内劇は必見。

筒井康隆の短編を原作に、野田秀樹が2006年にロンドンで初演、2007年に東京で日本版を上演し、話題を巻き起こした「THE BEE」。数々の演劇賞に輝いた傑作が2012年、キャストも新たに再登場した。
<ストーリー>平凡なサラリーマンの井戸(野田秀樹)がある日帰宅すると、自宅が警察に囲まれていた。凶悪犯の小古呂(おごろ・近藤良平)が脱獄し、井戸の妻子を人質に立てこもっているというのだ。警察とマスコミに振り回され“被害者”であることに限界を感じた井戸は、小古呂の妻(宮沢りえ)の元を訪ねると突然豹変。小古呂の妻子を人質にとって立てこもり、“加害者”として小古呂に対峙。憎しみを応酬させていく。

演目

  • NODA・MAP番外公演「THE BEE」JAPANESE Version

収録日・収録場所

  • 2012年5月9日/東京 水天宮ピット 大スタジオ

出演

  • 宮沢りえ
  • 池田成志
  • 近藤良平
  • 野田秀樹

スタッフ

  • 演出
    野田秀樹
  • 原作
    筒井康隆
  • 共同脚本
    野田秀樹&Colin Teevan
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの