メニュー

映画
血の伯爵夫人

血の伯爵夫人
現在、放送予定はありません。

近世のハンガリーに実在し、あの吸血鬼伝説のモデルともなった悪女、“血の伯爵夫人”の恐ろしくも悲しい物語を、J・デルピーの監督・主演で描いた戦慄の劇場未公開作。

人気女優のデルピーが、共同製作・脚本・音楽も兼ねて放った監督・主演第2作は、軽妙な恋愛喜劇だった前作「パリ、恋人たちの2日間」とは趣向がうって変わり、自らの若返りのため、うら若き処女たちの生き血を浴び、“血の伯爵夫人”の異名をとった悪名高き毒婦を描く戦慄の歴史劇。とはいえ、同一人物を題材にした過去の猟奇的ホラー映画とは違って、若き恋人との運命の愛を無理やり引き裂かれたがゆえに恐るべき行動に走る、ヒロインの心の悲しみを鋭く描き、興味深い一作に仕上がった。共演はD・ブリュール。

My番組登録者数
  • 0
血の伯爵夫人

近世のハンガリーに実在し、あの吸血鬼伝説のモデルともなった悪女、“血の伯爵夫人”の恐ろしくも悲しい物語を、J・デルピーの監督・主演で描いた戦慄の劇場未公開作。

16世紀、ハンガリーの貴族の家に生まれたエリザベートは、15歳の時、政略結婚させられ、伯爵夫人に。やがて夫の死後、とある舞踏会で、エリザベートは自分よりもずっと年下の青年イシュトヴァンと運命的に出会い、相思相愛の恋愛関係に陥るが、彼の父親によって2人の仲は無理やり引き裂かれてしまう。そんなおり、些細なミスを犯した侍女を怒って殴りつけ、彼女の返り血を浴びたエリザベートは、とあることに気づく…。

作品データ

  • 原題/The Countess
  • 制作年/2009
  • 制作国/ドイツ/フランス
  • 内容時間(字幕版)/100分
  • ジャンル/歴史劇/時代劇/西部劇

出演

役名 役者名
エリザベート・バートリー ジュリー・デルピー
イシュトヴァン ダニエル・ブリュール
ジェルジ ウィリアム・ハート
アンナ アナマリア・マリンカ
ドミニク ゼバスティアン・ブロンベルク

スタッフ

  • 監督
    ジュリー・デルピー
  • 製作
    ジュリー・デルピー
  • 製作
    アンドロ・スタインボーン
  • 製作
    クリストファー・タフィンほか
  • 脚本
    ジュリー・デルピー
  • 撮影
    マルタン・ルーエ
  • 音楽
    ジュリー・デルピー

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ女目線で捉えられた「老いる」ということ

    • ★★★★☆
    • mis@
    • 2012/11/13 17:28

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの
閉じる

この番組には、一部「無料トライアル対象外」配信があります。

無料トライアル対象外の配信を見る方法はこちら >

閉じる

この番組には、一部「放送視聴登録者限定」配信があります。

「放送視聴登録」は、テレビや録画機のB-CASカード/ACAS番号の登録が必要です。

放送視聴登録者限定の配信を見る方法はこちら >