音楽
シンディ・ローパー ジャパンツアー 2012

シンディ・ローパー ジャパンツアー 2012
現在、放送予定はありません。

未曾有の大震災の混乱の最中に行なわれたツアーで、勇気と希望を与えてくれたS・ローパー。あの日から1年後の2012年、あのときと同じ舞台に立った彼女のライブ。

日本のために尽力しエンターテインメントのために動いたシンディ・ローパーの渾身のライブを放送する。震災からちょうど1年後の2012年3月11日に行なわれたライブの模様。「エンターテインメントにできること。」というスローガンを震災以降掲げ続けてきたWOWOWが“あの日”からの1年を思い、お送りする―シンディ・ローパーの“歌の力”を感じさせるプログラム。

My番組登録者数
  • 0
シンディ・ローパー ジャパンツアー 2012

未曾有の大震災の混乱の最中に行なわれたツアーで、勇気と希望を与えてくれたS・ローパー。あの日から1年後の2012年、あのときと同じ舞台に立った彼女のライブ。

ミュージック・シーンに登場した1980年代から常に第一線で活躍を続けているポップ・シンガー、シンディ・ローパー。記憶に新しいのが、2011年の東日本大震災直後に彼女が行なった日本への数々の心温まる行動だろう。多くの海外アーティストが公演の延期あるいは中止を決め、帰国の途につくなか、来日した彼女は「どんな状況でもコンサートを行なう。そして日本の人々を勇気づけたい」という思いから、極力電力を抑えながらも予定通りに開催。公演後は自ら募金箱を手に義援金を呼びかけながら、コンサートを続けた。そんな彼女の行動は、日本に希望の灯をともし続けてくれた。
あれから1年、2012年にシンディ・ローパーが再来日を果たした。この来日公演の中で、3月9日から11日の東京公演の会場は、前年と同じBunkamuraオーチャードホール。そこでは、新たにブルース・シンガーとしての顔も見せた、2011年発表の初のブルース・アルバム『メンフィス・ブルース』からの楽曲だけでなく、「タイム・アフター・タイム」をはじめとする名曲を披露。彼女の想いが詰まった熱いライブとなった。

収録日・収録場所

  • 2012年3月11日/東京 Bunkamuraオーチャードホール
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの