アニメ
タイムボカンシリーズ ヤッターマン 最終回 アワテルローの戦いだコロン

タイムボカンシリーズ ヤッターマン 最終回
現在、放送予定はありません。

正義のヒーロー・ヤッターマンは、全ヤッターメカを率い、ドロンボー一味と決戦。戦いの後、博物館でドロンボー一味は初めてボスのドクロベエと遭遇する。

 「マッハGoGoGo」や「昆虫物語 みなしごハッチ」「科学忍者隊ガッチャマン」「タイムボカンシリーズ」など数々の人気アニメを世に送り出したタツノコプロは1962年に設立され、2012年10月で創立50周年の節目を迎える。
 ハードなアクションからスポーツもの、コメディ、ファンタジーまでを手がけ、日本のテレビアニメの草創期を支えてきたタツノコプロ。その初期の作品は、「マッハGoGoGo」がハリウッド映画化(2008年『スピード・レーサー』)されたり、「新造人間キャシャーン」や「ヤッターマン」などがリメイクされ、いまでも新たなファンを獲得する人気を誇る。新作でもWOWOWオリジナルアニメ「The SoulTaker~魂狩~」(2001年)など、話題作を生み続けてきた。
 今回は、50周年プロジェクトの一環として、1960~80年代のタツノコプロ人気アニメ10作品の最終話を一挙放送!誰もが知る名作の魅力が凝縮されたクライマックスシーンを、まとめて堪能できるプレミア企画だ。5月には劇場映画作品やOVA作品の放送も予定。GWは、一時代を築いた名作アニメの世界に浸ろう!

My番組登録者数
  • 0
タイムボカンシリーズ ヤッターマン 最終回

正義のヒーロー・ヤッターマンは、全ヤッターメカを率い、ドロンボー一味と決戦。戦いの後、博物館でドロンボー一味は初めてボスのドクロベエと遭遇する。

度重なるヤッターマンとの戦いに悪の心が折れてしまったドロンジョは、新しい人生を送るために引退を決意し、最後のお勤めに出動する。ドロンボー一味は、アワテルローを進軍するチビレオンの辞書にドクロストーンの在処があると判り、その辞書を奪い取った。だが、そんな彼らの眼前に全ヤッターメカを率いたヤッターマンが立ちふさがった。

出演

役名
ガンちゃん 太田淑子
アイちゃん 岡本茉利
オモッチャマ 桂玲子
ヤッターキング 池田勝
ドロンジョ 小原乃梨子
ボヤッキー 八奈見乗児
トンズラー たてかべ和也
ドクロベエ 滝口順平
ナレーター 富山敬

スタッフ

  • 製作
    吉田竜夫
  • 企画
    鳥海尽三
  • 企画
    酒井あきよし
  • 原作
    タツノコプロ企画室
  • 音楽
    神保正明
  • 音楽
    山本正之
  • プロデューサー
    柴田勝
  • プロデューサー
    永井昌嗣
  • プロデューサー
    加藤長輝
  • キャラクターデザイン
    天野嘉孝
  • メカニックデザイン
    大河原邦男
  • 美術担当
    岡田和夫
  • 美術担当
    横瀬直人
  • 録音ディレクター
    鳥海俊材
  • 総監督
    笹川ひろし
  • 脚本
    山本優
  • 演出
    八尋旭
  • 演出
    岩田弘
  • 制作
    フジテレビ
  • 制作
    タツノコプロ
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの