ドラマ
ドラマW エンドロール~伝説の父~

ドラマW エンドロール~伝説の父~
現在、放送予定はありません。

第4回WOWOWシナリオ大賞受賞作を石井裕也監督でドラマ化。売れない映画監督が20年ぶりに戻った故郷で、死を目前にした友人のために1本の映画を撮影する。

20年前の恋や思い出に引きずられながらも、親友をもり立てるために奮闘する主人公を演じるのは中村獅童。また、『川の底からこんにちは』で歴代最年少でブルーリボン監督賞を受賞した気鋭の映画監督・石井裕也が、初のテレビドラマ監督に挑戦。心温まる物語を実力派スタッフ・キャストで作品化する、注目のドラマだ。

My番組登録者数
  • 0
ドラマW エンドロール~伝説の父~

第4回WOWOWシナリオ大賞受賞作を石井裕也監督でドラマ化。売れない映画監督が20年ぶりに戻った故郷で、死を目前にした友人のために1本の映画を撮影する。

2007年にスタートした「WOWOWシナリオ大賞」。2010年の第4回大賞に587編の応募作の中から選ばれた作品「エンドロール~伝説の父~」(福島カツシゲ氏)を、オリジナルドラマとして映像化。主人公は、20年ぶりに故郷の町に帰ってきた売れない映画監督。死を目前にした親友の願いをかなえるために、メッセージを込めつつ1本の映画をつくり上げる、笑いと涙あふれる人間ドラマだ。
<ストーリー>売れない映画監督の橋本雄司(中村獅童)は、高校時代の親友・尾崎明生(萩原聖人)から手紙を受け取り、20年ぶりに帰郷。入院中の明生と再会し、明生が書いた脚本を映画にしてほしいと頼まれる。その映画は明生本人が主役になっていた。雄司は、明生の妻・麻由美(板谷由夏)とも再会。麻由美から明生が余命わずかだと聞き衝撃を受ける。しかし、息子のために自分の姿を遺したいという明生の願いを知り、映画の撮影を決意する。

出演

  • 中村獅童
  • 萩原聖人
  • 板谷由夏
  • 池松壮亮
  • 村川絵梨
  • 梶原善
  • 稲川実代子
  • 田島令子
  • 螢雪次朗
  • 六平直政

スタッフ

  • 監督
    石井裕也
  • 脚本
    福島カツシゲ
  • 脚本
    石井裕也
  • 音楽
    渡邊崇
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの