ドキュメンタリー
ノンフィクションW 吉川晃司 ヒーローになれなかった日 ~新たなる挑戦・日本一心~

ノンフィクションW 吉川晃司 ヒーローになれなかった日

“ロックアーティスト・吉川晃司”。“日本一心”を掲げ愚直なまでに行動する“人間・吉川晃司”に密着し、彼の過去から現在そして未来へつながる“光と闇”に迫る。

2011年夏、伝説の“COMPLEX復活”が10万人を動員する大反響となった吉川晃司。1984年、18歳の時シングル「モニカ」と主演映画『すかんぴんウォーク』で同時デビューした彼は、瞬く間に新時代のロックシーンをリードした。デビューから27年目の現在も進化を続け、各地で“シンバルキック”と呼ばれる、頭上のシンバルを旋風脚で蹴り上げるアクションで客席を沸かせている。その生き方や佇まいは、“カッコイイ兄貴な男”として世代を超えて人気が高い。そんな彼が“日本一心”という御旗の元、エンターテインメントで精力的に東日本大震災の復興支援を続けている。余計な言葉はいらない、ただ行動するのみ。体現するアーティストの内面に秘められた想いとは?職業:吉川晃司と言い放つ、46歳の男の愚直な生き様に迫る。

My番組登録者数
  • 448
ノンフィクションW 吉川晃司 ヒーローになれなかった日

“ロックアーティスト・吉川晃司”。“日本一心”を掲げ愚直なまでに行動する“人間・吉川晃司”に密着し、彼の過去から現在そして未来へつながる“光と闇”に迫る。

その独特の存在感と行動で常に注目を浴びてきたロックアーティスト、吉川晃司。長い手足を生かした唯一無二のステージ・アクションで観客を魅了し、俳優としても織田信長、“日本のシンドラー”偉人・杉原千畝、そして仮面ライダースカルなど、さまざまなヒーローを演じてきた。そんな彼が直面した東日本大震災。ひとりのボランティアとして、素性を隠して飛び込んだ被災地で、彼は無力感に打ちのめされる。葛藤する彼の決断とは…。
武骨で真っ直ぐな生き方。その源流は、生まれ育った広島にあった。“ヒーロー”としての宿命を自ら背負った正義の少年時代。時代のスターとなるが、大人の嘘や社会の建前に猛然と噛みつきあつれきを生んだ青年時代。ストイックな生き方を自らに課す現在。2011年の全国ツアーに同行し、貴重な映像や多彩な関係者の証言を交えて描く人間ドキュメント。あの日、ヒーローになれなかった男の苦悩の軌跡を追う。(2012年)

出演

  • 吉川晃司

関連特集

吉川晃司 デビュー35周年 WOWOWスペシャル

関連特集

吉川晃司 デビュー35周年 WOWOWスペシャル

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの