ステージ
「オペラ座の怪人」25周年記念公演 in ロンドン

「オペラ座の怪人」25周年記念公演 in ロンドン

5/26(水)午前10:00

初公演以来、27カ国で公演され、累計1億3000万の観客を動員したアンドリュー・ロイド=ウェバーの大ヒット・ミュージカルの25周年記念特別公演!

 1986年のロンドンでの初演以来、全世界で上演され続け、世界のエンターテインメント史上に残るヒット作となった「オペラ座の怪人」。アメリカのブロードウェイ、日本でもロングランを重ね、誰もが知る存在となった本作の、ロンドンで行なわれた25周年記念公演をテレビ初放送する。
 出演者やオーケストラは総勢200名以上にのぼり、記念公演のために特別な舞台装置や特殊効果を配した。次から次へと繰り広げられる豪華絢爛な演出の中、ロイヤルバレエ・プリンシパルのセルゲイ・ポルーニンが特別出演するバレエシーンやオペラシーンは、一層華やかに。カーテンコールではオリジナル・キャストのサラ・ブライトマンや歴代の“怪人”役たちが出演し、有名なテーマ曲でその歌声を披露。これこそオペラ座の怪人の決定版ともいえる究極の臨場感あふれるステージとなった。

My番組登録者数
  • 617
「オペラ座の怪人」25周年記念公演 in ロンドン

初公演以来、27カ国で公演され、累計1億3000万の観客を動員したアンドリュー・ロイド=ウェバーの大ヒット・ミュージカルの25周年記念特別公演!

19世紀のパリ・オペラ座。新作オペラ稽古中の事故に腹を立てた主演歌手に代わり、急きょコーラスガールのクリスティーヌ(シエラ・ボーゲス)が代役に立てられる。見事公演を成功させたクリスティーヌ。それは、オペラ座の地下に住み着く“怪人”(ラミン・カリムルー)がひそかに導いてきたからであった。醜い顔をマスクで隠した“怪人”は、公演後のクリスティーヌを地下に連れ出し、さらに歌のレッスンを施す。
次の公演を控え、オペラ座の支配人の元に“怪人”から手紙が届く。公演でクリスティーヌを主演させることなどを指示し、従わないと災いが起こると警告した手紙を、支配人たちは無視。さらに、クリスティーヌが幼なじみのラウル(ハドリー・フレイザー)と愛し合っていることを知り、“怪人”は怒りと嫉妬に震える。

収録日・収録場所

  • 2011年10月/イギリス・ロンドン ロイヤル・アルバート・ホール

出演

  • ラミン・カリムルー
  • シエラ・ボーゲス
  • ハドリー・フレイザー
  • セルゲイ・ポルーニン

スタッフ

  • 製作
    キャメロン・マッキントッシュ
  • 作曲
    アンドリュー・ロイド=ウェバー

関連特集

特集:おうちで本場のミュージカルを!

関連特集

特集:おうちで本場のミュージカルを!

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの