ステージ
前川知大×仲村トオル「現代能楽集VI 奇ッ怪 其ノ弐」

前川知大×仲村トオル「現代能楽集VI 奇ッ怪 其ノ弐」
現在、放送予定はありません。

本作で読売演劇大賞を受賞した、注目の若手劇作家・前川知大が描く、現代の“怪奇物語”。有害ガスの噴出で多くの人が犠牲になった村で、鎮魂の物語が語られていく。 

今回の「奇ッ怪」第2弾は、野村萬斎が企画・監修し古典を現代に還元することをテーマにしたシリーズ「現代能楽集」の新作でもある。能や狂言に着想を得て前川が作り上げたのは、現実の世界に入りこんできてなにかを伝えようとする死者たちへの、鎮魂を描く物語だ。シンプルで奥行きのある舞台美術は幻想的な雰囲気をかもし出し、その中で、劇中劇の形式で折り重なるエピソードを仲村トオルらがテンポよく切り替えて演じていく。大震災の影響も受けながら書いたという前川が、いまの時代に投げかけるメッセージを感じ取りたい。

My番組登録者数
  • 0
前川知大×仲村トオル「現代能楽集VI 奇ッ怪 其ノ弐」

本作で読売演劇大賞を受賞した、注目の若手劇作家・前川知大が描く、現代の“怪奇物語”。有害ガスの噴出で多くの人が犠牲になった村で、鎮魂の物語が語られていく。 

2011年「読売演劇大賞」に井上ひさしや三谷幸喜らと肩を並べてノミネートされた、注目の若手劇作家・前川知大の舞台をお届けする。「日常」と「怪奇」が絡まった世界を描く前川は2009年、小泉八雲の「怪談」をモチーフにした「奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話」を発表し高い評価を得た。そして今回の「奇ッ怪」第2弾は、野村萬斎が企画・監修し古典を現代に還元することをテーマにしたシリーズ「現代能楽集」の作品。
<ストーリー>ガス噴出災害で住民の多くが犠牲になった村に、青年・矢口(山内圭哉)が4年ぶりに帰ってきた。死者の魂とも思えるような人影がさまよう村を見て回り、実家の神社をたずねた矢口は、神社に住み着くホームレス風の男・山田(仲村トオル)と出会う。
そこに、リゾート開発のための調査にやってきた業者(池田成志)と学者(小松和重)も合流。矢口の父である神主と知り合いだったという山田は、3人に、生きている人の世界と死者とがつながっていく不思議な物語を語り始める。

出演

  • 仲村トオル
  • 池田成志
  • 小松和重
  • 山内圭哉
  • 内田慈
  • 浜田信也
  • 岩本幸子
  • 金子岳憲

スタッフ

  • 作・演出
    前川知大
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの