映画
戦火のナージャ

戦火のナージャ
現在、放送予定はありません。

ロシアの巨匠N・ミハルコフ監督が、愛娘と劇中共演を果たして一躍高い評価を得た「太陽に灼かれて」から16年の歳月を経てその続編に挑んだ、屈指のスペクタクル大作。

第47回カンヌ国際映画祭グランプリと第67回アカデミー外国語映画賞をW受賞した名作「太陽に灼かれて」から16年。かつてスターリンによる大粛清に巻き込まれ、お互いに散り散りとなった父娘が、今回は、第2次世界大戦の戦火の下、さらなる過酷な運命の道をたどるさまを、ミハルコフ監督が波瀾万丈のタッチでドラマチックに描写。ロシア映画史上最高の製作費を投じて描かれる戦闘シーンは、迫力とスケール満点。前作ではまだ愛らしい少女だった監督の愛娘、ナージャのすっかり成長した姿も見ものだ。

My番組登録者数
  • 0
戦火のナージャ

ロシアの巨匠N・ミハルコフ監督が、愛娘と劇中共演を果たして一躍高い評価を得た「太陽に灼かれて」から16年の歳月を経てその続編に挑んだ、屈指のスペクタクル大作。

1943年、KGB幹部のドミートリは、かつてスターリンへの反逆の罪で銃殺刑に処されたはずの元陸軍大佐コトフが、どうやらまだ生きていることを聞かされ、その再調査を命じられる。コトフは強制労働収容所に送られた後、ドイツとの戦争が始まって収容所が混乱に陥ったさなかにそこから脱出し、いまや一兵卒として戦場の最前線に参加していた。一方、娘のナージャは従軍看護婦となり、戦地で父親を懸命に探し回るのだが…。

作品データ

  • 原題/Utomlennye Solntsem 2
  • 制作年/2010
  • 制作国/ロシア
  • 内容時間(字幕版)/153分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
セルゲイ・ペトローヴィチ・コトフ ニキータ・ミハルコフ
ナージャ ナージャ・ミハルコフ
ドミートリ・アーセンティエフ オレグ・メンシコフ
マルーシャ ヴィクトリア・トルストガノヴァ
ルーニン セルゲイ・マコヴェツキー
スターリン マクシム・スハノフ

スタッフ

  • 監督
    ニキータ・ミハルコフ
  • 製作
    ニキータ・ミハルコフ
  • 製作
    レオニド・ヴェレシュチャギン
  • 脚本
    アレクサンドル・ノヴォトツキイ=ヴラソフ
  • 脚本
    ウラジーミル・モイセエンコ
  • 脚本
    ニキータ・ミハルコフ
  • 撮影
    ヴラディスラフ・オペリヤンツ
  • 音楽
    エドゥアルド・アルテミエフ

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • ネタバレこれで幕引き???

    • ★★★☆☆
    • hero come on
    • 2012/07/10 16:34

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • ”争い”も神の創造物だし・・・

    • ★★★★★
    • よいこままちゃん
    • 2012/06/25 02:36

    世の中から戦争がなくなれば良いと思っている人はたくさーんいるはずなのに、なくならないね。神の創造物だから?
    こんな死に方したい?
    こんな死に方させたい?
    続きを読む

  • 近年の戦争映画の感動大作です。

    • ★★★★★
    • 祭ばやしが聞こえる
    • 2012/06/19 18:06

    名作「太陽に灼かれて」の続編となる戦争映画大作。第二次世界大戦でソ連とドイツの全面戦争が勃発。父親・コトフ元陸軍大佐(ニキ-タ・ミハルコフ)と娘(ナ-ジャ・ミハ 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの