映画
ノルウェイの森

ノルウェイの森

3/2(土)午後1:20

3/26(火)午後6:45

人気作家・村上春樹の作品群の中で最も愛読されている同名ベストセラー小説を、主演に松山ケンイチ、そして主要スタッフに外国の精鋭陣を迎えて映画化した青春恋愛ドラマ。

国内累計発行部数が1000万部を超す大ベストセラーとなった村上春樹の同名小説が、遂に待望の映画化。心に深い喪失感を抱える青年を松山ケンイチが好演する一方、彼が心を惹かれる2人の好対照の女性に、「バベル」の菊地凛子と、これが演技初挑戦となる人気モデルの水原希子。また「夏至」のT・アン・ユン監督をはじめ、外国の精鋭たちがスタッフに集結し、原作の透明感あふれる世界観を見事に映像化した美しい作品に仕上がった。

ノルウェイの森

人気作家・村上春樹の作品群の中で最も愛読されている同名ベストセラー小説を、主演に松山ケンイチ、そして主要スタッフに外国の精鋭陣を迎えて映画化した青春恋愛ドラマ。

高校時代に無二の親友・キズキを自殺で失ったワタナベは、深い喪失感を心の奥に抱えたまま、東京の大学で学生生活を送り始める。そんなある日、彼は、キズキの恋人だった直子と偶然再会。大切な人を失った者同士、2人は次第に心惹かれあい、直子の20歳の誕生日にワタナベは彼女と一夜を共にする。ところがその後、直子は心のバランスを崩して京都の療養所に入院。一方、ワタナベの前に、直子とは好対照の女性・緑が現われる。

作品データ

  • 制作年/2010
  • 制作国/日本
  • 内容時間/134分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
ワタナベ 松山ケンイチ
直子 菊地凛子
水原希子
キズキ 高良健吾
レイコ 霧島れいか
ハツミ 初音映莉子
永沢 玉山鉄二

スタッフ

  • 監督
    トラン・アン・ユン
  • 製作
    小川真司
  • 脚本
    トラン・アン・ユン
  • 撮影
    マーク・リー・ピンビン
  • 音楽
    ジョニー・グリーンウッド

関連特集

「ロストケア」放送記念!俳優 松山ケンイチ

役になりきる演技派・松山ケンイチを特集

特集:俳優 松山ケンイチ

ユーザーレビュー

現在、5件のレビューが登録されています。

  • ネタバレタナトス量>>エロス量

    • ★★★★☆
    • 1ミリフィルム
    • 2012/10/16 21:31

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 1960年台の恋愛

    • ★★★★☆
    • やまたのぱぱ
    • 2012/07/22 11:12

    原作を読んでから見たが、かなり忠実に小説の世界が描かれていると思う。監督が外国人でどうしてこんな日本的な情景が描けたのか、この部分も少し気になるが、小説の雰囲気 続きを読む

  • こころの奥ひだ・・・

    • ★★★★★
    • Nimo
    • 2012/01/25 14:32

    心の奥ひだを描くような物語。
    村上春樹の小説、読んだことないです。
    そして、興味もないのが正直なところ。
    なんて言えばいいのか、自分の世界感にはいら
    続きを読む

  • 2012/01/23

    • ★★★☆☆
    • さかてつ
    • 2012/01/23 23:19

    水原希子がよかった。演技はいまいちだが魅力があると思った。

  • リリカルな『ノルウェイの森』

    • ★★★★☆
    • salque
    • 2011/11/16 00:20

     菊地凛子だったら、ミドリでもレイコさんでもいけそう。
     映画化の発表があって、長年の村上春樹ファンだったこともあり、当初は観るつもりは無かったのだけど、監督
    続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

「ロストケア」放送記念!俳優 松山ケンイチ

役になりきる演技派・松山ケンイチを特集

特集:俳優 松山ケンイチ

閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの