{"prg_cd":"108088"}
{"prg_cd":"113549"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"113645"}
{"prg_cd":"113740"}
{"prg_cd":"111288"}
{"prg_cd":"113418"}
{"prg_cd":"113098"}
{"prg_cd":"112718"}
{"prg_cd":"113646"}
{"prg_cd":"113199"}
{"prg_cd":"113097"}
{"prg_cd":"113096"}
{"prg_cd":"113523"}
{"prg_cd":"113092"}
{"prg_cd":"113508"}
{"prg_cd":"113647"}
{"prg_cd":"113211"}
{"prg_cd":"113928"}
{"prg_cd":"113756"}
{"prg_cd":"113648"}
{"prg_cd":"113415"}
{"prg_cd":"112450"}
{"prg_cd":"113723"}
{"prg_cd":"112740"}

映画
ハート・ロッカー

ハート・ロッカー
現在、放送予定はありません。

イラク戦争の最前線で爆発物処理を続ける兵士たちの苦悩をスリリングかつシリアスに描写。第82回アカデミー賞で作品賞など同年最多の6部門に輝いた、話題の戦場ドラマ。

女性監督K・ビグロー(「ハートブルー」「K‐19」)が、元夫のJ・キャメロン監督の「アバター」とアカデミー賞レースで激戦を繰り広げたのも話題に。結果、ビグローは史上初めて女性監督がアカデミー賞監督賞を受賞するという快挙を達成。無数の爆発物が潜む最前線で、主人公の胸中へ交互に訪れる希望と絶望。それでも目前の爆弾を解除するしかないと固執する主人公の価値観は見る者の解釈に委ねられこそするが、これまで多数の活劇をこなしてきたビグローとあって一級の戦場アクションに仕上がったのは確かだ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
ハート・ロッカー

イラク戦争の最前線で爆発物処理を続ける兵士たちの苦悩をスリリングかつシリアスに描写。第82回アカデミー賞で作品賞など同年最多の6部門に輝いた、話題の戦場ドラマ。

2004年夏、バグダッド郊外。米陸軍のある爆発物処理班は、爆発物に詳しいジェームズを新リーダーに迎える。ロボットを遠隔操作するといった通常の方法を無視し、自ら爆発物に接近して解除作業に臨むジェームズの心理は、部下であるサンボーンやエルドリッジの理解を超えていた。それでもいつしかジェームズの勇気は、サンボーンたちの信頼を得ていく。一方、各地で次々と爆発物が見つかるなど、米兵たちに危機は続き……。

作品データ

  • 原題/The Hurt Locker
  • 制作年/2008
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(吹替版)/131分
  • ジャンル/アクション/冒険

受賞歴

  • 第82回(2009)アカデミー賞作品賞
  • 第82回(2009)アカデミー賞監督賞「キャスリン・ビグロー」
  • 第82回(2009)アカデミー賞脚本賞
  • 第82回(2009)アカデミー賞編集賞
  • 第82回(2009)アカデミー賞音響編集賞
  • 第82回(2009)アカデミー賞録音賞

出演

役名 役者名
ウィリアム・ジェームズ ジェレミー・レナー 加瀬康之
J・T・サンボーン アンソニー・マッキー 坂詰貴之
オーウェン・エルドリッジ ブライアン・ジェラティ 土田大
民間警備会社のリーダー レイフ・ファインズ 原康義
リード大佐 デヴィッド・モース 楠見尚己
トンプソン ガイ・ピアース 東地宏樹
コニー・ジェームズ エヴァンジェリン・リリー 北西純子

スタッフ

  • 監督
    キャスリン・ビグロー
  • 製作
    キャスリン・ビグロー
  • 製作
    マーク・ボール
  • 製作
    グレッグ・シャピロほか
  • 脚本
    マーク・ボール
  • 撮影
    バリー・エイクロイド
  • 音楽
    バック・サンダース
  • 音楽
    マルコ・ベルトラミ

ユーザーレビュー

現在、4件のレビューが登録されています。

  • 何度もみたい

    • ★★★★★
    • s-ma-chan
    • 2018/02/04 01:43

    この作品は大好きです。

  • まさかの

    • ★★☆☆☆
    • y_m_k
    • 2011/06/23 08:01

    どうしてアバターに勝てたのか正直よくわからない。。。
    アバターはまた観てもいいかな。と思えるけど、こちらはう~ん・・
    戦争映画の中でも中途半端な部類になって
    続きを読む

  • 鬼気迫るものが

    • ★★★★☆
    • bay&y
    • 2011/03/16 11:44

    面白かった。何ともいえない緊迫感があり、最後には考えさせられるストーリーです。主演のジェレミー・レナーの演技は素晴らしかった。今後も期待できる俳優の一人と思う。 続きを読む

  • 2度と見たくない映画

    • ★★☆☆☆
    • tetsu202
    • 2011/02/28 01:31

    色モノ「アバター」を抑え、まさかの第82回アカデミー賞作品賞など同年最多の6部門受賞の本作。初めて見た感想としてはタイトルのとおり。とにかく残虐シーン満載。まぁ 続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの