映画
男たちの挽歌

男たちの挽歌

12/16(月)午前9:25

香港の黒社会で手下に裏切られた男性が、仲間や弟とともに復讐の戦いへ……。名匠J・ウー監督による香港ノワールの熱い傑作。シリーズ化され、後に韓国でリメイクされた。

1980年代、ジャッキー・チェンの映画に続いて日本を含む世界の映画ファンに衝撃を与えた香港産の犯罪映画“香港ノワール”の最高峰として今も語られる記念碑的傑作。ウー監督や主演のC・ユンファが後にハリウッドに進出したのも、伝説に1ページを加えた。ジャンルはバイオレンスながら、ウー流の“男の美学”はバイオレンスが苦手な観客をも巻き込み、香港映画界全体の評価すら高めた。後にウー製作総指揮のもと、韓国で「男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW」としてリメイクされたのも話題だ。

My番組登録者数
  • 328
男たちの挽歌

香港の黒社会で手下に裏切られた男性が、仲間や弟とともに復讐の戦いへ……。名匠J・ウー監督による香港ノワールの熱い傑作。シリーズ化され、後に韓国でリメイクされた。

香港黒社会のギャング、ホーは、相棒マークとともに大組織のボス、ユーのもとで働く。そんなホーの弟キットは警察官だが、兄の仕事を知らない。ある日、組織の仕事で台湾に向かったホーは取引の最中、警察に逮捕されてしまう。同じころ、香港ではホーを憎む組織の刺客がホーの父親を殺し、キットは兄を憎むように。3年後、刑務所を出所したホーはかつての舎弟シンがのし上がって組織を仕切っていると知り、マークと復讐の戦いへ。

作品データ

  • 原題/英雄本色
  • 制作年/1986
  • 制作国/香港
  • 内容時間(字幕版)/96分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
マーク チョウ・ユンファ
ホー ティ・ロン
キット レスリー・チャン
ジャッキー エミリー・チュウ
シン リー・チーホン

スタッフ

  • 監督
    ジョン・ウー
  • 製作
    ツイ・ハーク
  • 脚本
    ジョン・ウー
  • 撮影
    ウォン・ウィンハン
  • 音楽
    ジョゼフ・クー

関連特集

特集:隠れた名作“発掘良品”

TSUTAYA×WOWOW共同企画

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 観てスッキリ

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2012/03/09 13:45

    2回目の観賞となる。ストーリー的には単純な任侠ヤクザものだが、ドンパチ銃撃戦は物凄い迫力。1人の敵に何発の弾を撃ち込めば気が済むんだって感じ。観てスッキリ。

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

特集:隠れた名作“発掘良品”

TSUTAYA×WOWOW共同企画

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの