{"prg_cd":"105677"}
{"prg_cd":"012119"}
{"prg_cd":"100190"}
{"prg_cd":"022520"}
{"prg_cd":"020465"}
{"prg_cd":"001351"}
{"prg_cd":"112964"}
{"prg_cd":"112436"}
{"prg_cd":"112857"}
{"prg_cd":"021741"}
{"prg_cd":"001792"}
{"prg_cd":"110182"}
{"prg_cd":"111703"}
{"prg_cd":"112796"}
{"prg_cd":"113445"}
{"prg_cd":"016651"}
{"prg_cd":"112801"}
{"prg_cd":"112208"}
{"prg_cd":"106948"}
{"prg_cd":"103872"}
{"prg_cd":"018832"}
{"prg_cd":"017941"}
{"prg_cd":"100493"}
{"prg_cd":"109720"}
{"prg_cd":"111801"}

映画
舞妓Haaaan!!!

舞妓Haaaan!!!

11/11(日)午前8:15

人気脚本家・宮藤官九郎のオリジナル脚本を、阿部サダヲと柴咲コウら豪華キャストの共演で映画化したハイテンションコメディ! 舞妓さんに憧れる男が果てしなく暴走する!

「ゼブラーマン」シリーズやTV・映画の「木更津キャッツアイ」シリーズなど、売れっ子脚本家のみならず、俳優、映画監督などマルチな才能を発揮する宮藤のオリジナル脚本を、続く「なくもんか」でも彼と組んだ水田伸生監督が映画化。宮藤作品にはおなじみとなった阿部サダヲが本作で劇場映画初主演を果たしたほか、柴咲コウ、堤真一、伊東四朗ら豪華キャストが集結し、予測不能のハイテンションな物語を展開。加えて本作が遺作となった特別出演の植木等が、短いながらも軽妙さと風格を感じさせる演技を披露した。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 181
舞妓Haaaan!!!

人気脚本家・宮藤官九郎のオリジナル脚本を、阿部サダヲと柴咲コウら豪華キャストの共演で映画化したハイテンションコメディ! 舞妓さんに憧れる男が果てしなく暴走する!

東京で中小の食品会社に勤める鬼塚は、「京都で舞妓はんと野球拳をしたい」という夢を抱く熱狂的な舞妓オタクながら、いまだお座敷遊び未経験。そんなある日、彼に念願の京都支社転勤の辞令が下りる。浮かれる彼は恋人の富士子もあっさり捨て、意気揚々と京都に引っ越した。だが、お座敷遊びを請け負うお茶屋はどこも一見さんお断わり。やがて鬼塚は社長の鈴木がお茶屋の常連と知り、彼に取り入ろうと猛然と仕事に取り組むが……。

作品データ

  • 制作年/2007
  • 制作国/日本
  • 内容時間/121分
  • ジャンル/コメディ

楽曲情報

  • グループ魂に柴咲コウが
    お・ま・え ローテンションガール

出演

役名 役者名
鬼塚公彦 阿部サダヲ
内藤貴一郎 堤真一
大沢富士子(駒富士) 柴咲コウ
駒子 早織
小梅 京野ことみ
玄太 木場勝己
こまつ 真矢ミキ
さつき 吉行和子
鈴木大海 伊東四朗
斉藤老人 植木等

スタッフ

  • 監督
    水田伸生
  • 脚本
    宮藤官九郎
  • 撮影
    藤石修
  • 音楽
    岩代太郎

関連特集

「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」放送記念!宮藤官九郎の世界

話題の新ドラマを記念して宮藤官九郎を特集

「音量を上げろタコ!」公開記念特集 コメディの王様!阿部サダヲ編

日本映画界きっての個性派人気俳優に注目

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」放送記念!宮藤官九郎の世界

話題の新ドラマを記念して宮藤官九郎を特集

「音量を上げろタコ!」公開記念特集 コメディの王様!阿部サダヲ編

日本映画界きっての個性派人気俳優に注目

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの