映画
母べえ

母べえ
現在、放送予定はありません。

名匠・山田洋次監督が吉永小百合を主演に迎えた感動作。戦時下の東京。治安維持法で夫が検挙されたその妻子が、周囲に支えられながら懸命に生きる様子を情感豊かに描いた。

黒澤明映画の名スクリプターとして知られる野上照代の自伝的小説を、「男はつらいよ」シリーズなどで日本を代表する名匠、山田監督が映画化。夫が突然投獄されるという受難に見舞われながらも、けっして希望と誇りを失うことなく、2人の娘とともにけなげに毎日を生き抜いていくヒロイン“母べえ”を、人気ベテラン女優の吉永が、気品と魅力たっぷりに力演。子役2人のはつらつとした演技に加え、そんな母子家庭を親身になって支えるそれぞれの役どころに扮した、浅野忠信、檀れいらの好演も光る、珠玉の感動作だ。

My番組登録者数
  • 0
母べえ

名匠・山田洋次監督が吉永小百合を主演に迎えた感動作。戦時下の東京。治安維持法で夫が検挙されたその妻子が、周囲に支えられながら懸命に生きる様子を情感豊かに描いた。

昭和15年の東京。互いに“父べえ”、“母べえ”、“初べえ”、“照べえ”と呼び、つつましくも幸せな日々を送っていた野上家の家族。ところがある日、文学者の父親・滋が、治安維持法で特高に検挙され、投獄されてしまい、一家の生活は急変。残された母親の佳代と初子・照美の姉妹は、モダンな魅力あふれるれる久子叔母さんや豪放磊落な性格の仙吉叔父さん、滋のかつての教え子・山崎らに支えられながら毎日を生きていくように。

作品データ

  • 制作年/2008
  • 制作国/日本
  • 内容時間/134分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
野上佳代(母べえ) 吉永小百合
山崎徹 浅野忠信
野上久子 檀れい
野上滋(父べえ) 坂東三津五郎
野上初子(初べえ) 志田未来
野上照美(照べえ) 佐藤未来
藤岡仙吉 笑福亭鶴瓶

スタッフ

  • 監督
    山田洋次
  • プロデュース
    深澤宏
  • プロデュース
    矢島孝
  • 脚本
    山田洋次
  • 脚本
    平松恵美子
  • 撮影
    長沼六男
  • 音楽
    冨田勲

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 無理があるでしょう

    • ★★★☆☆
    • ぶちねこたま
    • 2011/08/15 09:16

    正直、サユリスト世代ではない私には違和感がありすぎてみられません。
    最後の母べえの言葉にも正直驚きました。
    すっきりはまらないというか。

    それに。
    続きを読む

  • 吉永小百合は理想のお母さん

    • ★★★★☆
    • まどかさん
    • 2009/04/14 20:21

    混乱の時代に、凛と生きる吉永小百合演じる母べえ。
    自分の身に照らし合わせて、こんな風な母親でありたいと思いました。

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの