映画
バベル

バベル
現在、放送予定はありません。

モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本。4つの国で織り成されるドラマがやがて結び付く。第79回アカデミー賞で菊地凛子が助演女優賞にノミネートされて話題を呼んだ秀作。

「アモーレス・ペロス」のA・G・イニャリトゥ監督が旧約聖書に描かれたバベルの塔(天に届く塔を建設しようとして崩れてしまった塔で、実現不可能なものを指すことも)にタイトルを借りた意欲作。1つの悲劇が遠く離れた各地をつなげる壮大さもさることながら、有名無名を問わず、菊地やA・バラーザ(いずれもアカデミー助演女優賞候補に)ら出演陣から魅力的な熱演を引き出した演出は傑出しており、前年の「ブロークバック・マウンテン」に続いてアカデミー作曲賞に輝いたG・サンタオラヤの音楽も印象に残る。

My番組登録者数
  • 0
バベル

モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本。4つの国で織り成されるドラマがやがて結び付く。第79回アカデミー賞で菊地凛子が助演女優賞にノミネートされて話題を呼んだ秀作。

モロッコ。ヤギ飼いの家族の幼い兄弟が撃った銃弾が米国人観光客のスーザンに当たり、夫リチャードは動揺する。一方、LAのリチャード夫婦の家で乳母として働くメキシコ人女性アメリアは、帰国できなくなった彼らの幼い子どもたちの面倒を見るか、祖国で執り行なわれる息子の結婚式に出席するか選択を迫られる。同じ頃、東京。聴力障害者の高校生チエコは、満たされない気分を不良じみた行動でごまかそうとし……。

作品データ

  • 原題/Babel
  • 制作年/2006
  • 制作国/アメリカ/メキシコ
  • 内容時間(字幕版)/144分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第79回(2006)アカデミー賞作曲賞「グスターボ・サンタオラヤ 」
  • 第59回(2006)カンヌ国際映画祭監督賞「アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ」

出演

役名 役者名
リチャード ブラッド・ピット
チエコ 菊地凛子
ヤスジロー 役所広司
スーザン ケイト・ブランシェット
サンチャゴ ガエル・ガルシア・ベルナル
アメリア アドリアナ・バラーザ
デビー エル・ファニング

スタッフ

  • 監督
    アレハンドロ・G・イニャリトゥ
  • 製作
    アレハンドロ・G・イニャリトゥ
  • 製作
    スティーヴ・ゴリン
  • 製作
    ジョン・キリク
  • 脚本
    ギジェルモ・アリアガ・ホルダン
  • 撮影
    ロドリゴ・プリエト
  • 音楽
    グスターボ・サンタオラヤ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの