映画
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
現在、放送予定はありません。

ダース・ベイダーはどうやって生まれたのかという、シリーズ最大の謎を明かす、「スター・ウォーズ(SW)」サーガ(大河物語)、新3部作の終わりを飾ったエピソード3。

ダークサイド(暗黒面)のフォース(理力)を信じ、後に旧3部作と呼ばれるようになった「SW」サーガのエピソード4~6で、正義の反乱同盟軍にとって最大の強敵になった“シスの暗黒卿”の中で最も恐れられたダース・ベイダー。エピソード1ではいたいけな少年だったアナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に落ちるまでを描いた本作は、旧3部作からのファンや新3部作からのファンにとって、ひとつの大きなクライマックスに。そして本作のちょうど10年後、エピソード7「~フォースの覚醒」が生まれる。

My番組登録者数
  • 0
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

ダース・ベイダーはどうやって生まれたのかという、シリーズ最大の謎を明かす、「スター・ウォーズ(SW)」サーガ(大河物語)、新3部作の終わりを飾ったエピソード3。

銀河共和国と分離主義勢力の対立が生んだクローン大戦勃発から3年後。共和国のパルパティーン最高議長が分離主義者ドゥークー伯爵に誘拐された事件を、ジェダイ騎士オビ=ワンとその弟子アナキンは解決。騎士として認められたアナキンだが、ジェダイと対立するシスのパルパティーンはフォース(理力)のダークサイド(暗黒面)にアナキンを誘い込む。同じころ、アナキンと結婚したパドメはアナキンの子どもである双子を身ごもる。

作品データ

  • 原題/Star Wars Episode III: Revenge of the Sith
  • 制作年/2005
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/140分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
オビ=ワン・ケノービ ユアン・マクレガー
パドメ・アミダラ ナタリー・ポートマン
アナキン・スカイウォーカー ヘイデン・クリステンセン
パルパティーン イアン・マクディアミッド
ドゥークー伯爵 クリストファー・リー
メイス・ウィンドゥ サミュエル・L・ジャクソン
C-3PO アンソニー・ダニエルズ
R2-D2 ケニー・ベイカー

スタッフ

  • 監督
    ジョージ・ルーカス
  • 製作総指揮
    ジョージ・ルーカス
  • 製作
    リック・マッカラム
  • 脚本
    ジョージ・ルーカス
  • 撮影
    デヴィッド・タッターサル
  • 音楽
    ジョン・ウィリアムズ
  • SFX
    ILM

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 素晴らしい臨場感

    • ★★★★☆
    • ブーデン
    • 2017/01/28 22:20

    多彩な展開のストーリーはシリーズで最も面白い!
    最初から最後まで巧みなCG技術が散りばめられ、その世界に居る様な臨場感が素晴らしい。ただ、他のシリーズで用いられ
    続きを読む

  • プリークエルの見事な完結に拍手!

    • ★★★★★
    • タカシータ
    • 2017/01/01 22:18

    ジョージ・ルーカスは,『スター・ウォーズ』の原作を書き,製作し,監督した。1977年に幕が開き,構想から含めると30年以上かかって,2005年にこの「エピソード 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの