映画
ボーン・スプレマシー

ボーン・スプレマシー

4/22(水)午後3:00

4/28(火)午前4:00

「ボーン・アイデンティティー」から2年。記憶を失っていた元CIA諜報員の主人公にM・デイモンが再び扮して熱演するヒット・サスペンス・アクション・シリーズ第2作!

R・ラドラムの「暗殺者」に始まるベストセラー・シリーズをもとに、記憶を失った元CIAトップ工作員ボーンの波乱の運命をスリル満点に描写。前作「ボーン・アイデンティティー」をはるかにしのぐ迫力とスケールで、世界中でメガヒットを記録したサスペンスアクション巨編。デイモンは前作に引き続き、クールで寡黙な主人公を熱演。監督は「ユナイテッド93」の鬼才P・グリーングラス。カットを細かく割ったスピード感は前作以上。同監督によるシリーズ第3作「ボーン・アルティメイタム」もやはり大ヒットした。

My番組登録者数
  • 481
ボーン・スプレマシー

「ボーン・アイデンティティー」から2年。記憶を失っていた元CIA諜報員の主人公にM・デイモンが再び扮して熱演するヒット・サスペンス・アクション・シリーズ第2作!

CIA内の不正の裏情報がひそかに外部に売りに出され、その取引現場を何者かが襲い、交渉役のエージェントと情報屋を殺して莫大な金を強奪する事件がベルリンで発生。そこには元CIA諜報員ジェイソン・ボーンの指紋が残されていた。そのころボーンはインドで恋人のマリーと隠遁生活を送っていたが、そんな彼らを凄腕の殺し屋キリルが狙撃し、ボーンは生き延びるがマリーは殺される。復讐を誓ったボーンは陰謀の究明に乗り出す。

作品データ

  • 原題/The Bourne Supremacy
  • 制作年/2004
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/109分
  • 内容時間(吹替版)/109分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
ジェイソン・ボーン マット・デイモン
マリー フランカ・ポテンテ
パメラ・ランディ ジョアン・アレン
アボット ブライアン・コックス
ニッキー ジュリア・スタイルズ
キリル カール・アーバン

スタッフ

  • 監督
    ポール・グリーングラス
  • 製作
    パトリック・クローリー
  • 製作
    フランク・マーシャル
  • 製作
    ポール・サンドバーグ
  • 脚本
    トニー・ギルロイ
  • 脚本
    ブライアン・ヘルゲランド
  • 撮影
    オリヴァー・ウッド
  • 音楽
    ジョン・パウエル

関連特集

「ジェイソン・ボーン」スペシャル

M・デイモン主演の人気シリーズ第1~3作

吹替で楽しむ!「ジェイソン・ボーン」スペシャル

メガヒットシリーズ一挙放送「ジェイソン・ボーン」編

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 前作、ボーン・アイデンティティーとは違った面白さが爆発!!

    • ★★★★★
    • さすらいダイバー
    • 2020/02/24 21:06

    「supremacy」とは「至高」とか「最高位」という意味だが自分が何者かある程度理解したボーンが覚醒しはじめる。案外仕事がいいかげんな暗殺者キリル役を『RED 続きを読む

  • 久しぶりのボーンシリーズ

    • ★★★★☆
    • rutanderin
    • 2014/12/29 12:53

    WOWOWでシリーズ映画の特集洋画レジェンドシリーズを楽しむ!が始まりシリーズ映画はやっぱり一挙に観る方が楽しめるのでこの企画に期待してました。マッド・デイモン 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

「ジェイソン・ボーン」スペシャル

M・デイモン主演の人気シリーズ第1~3作

吹替で楽しむ!「ジェイソン・ボーン」スペシャル

メガヒットシリーズ一挙放送「ジェイソン・ボーン」編

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの