映画
復讐するは我にあり

復讐するは我にあり

7/25(日)よる11:30

7/26(月)深夜0:45

巨匠・今村昌平が監督し、名優の緒形拳が主演した、その代表作の1本。実話に基づき、全国を渡り歩いた連続殺人犯を緒形が熱演した、鮮烈な犯罪ドラマ。三國連太郎ら共演。

5人を殺害して日本全国で逃走人生を送った末に逮捕され、死刑に処せられた実在の連続殺人犯、西口彰。その犯罪人生を、膨大な取材資料をもとに再構築して話題を呼んだ佐木隆三の同名ノンフィクション小説が原作。そんな映画的題材に幾人もの監督が映画化に名乗りを挙げた末、今村監督が待望の映画化を実現。監督独自の粘り強い演出で登場人物たちの内面に鋭く迫り、公開当時は数々の映画賞に輝いた。緒形ら演技派たち同士の火花を散らすような共演は大きな見ものだ。

My番組登録者数
  • 249
復讐するは我にあり

巨匠・今村昌平が監督し、名優の緒形拳が主演した、その代表作の1本。実話に基づき、全国を渡り歩いた連続殺人犯を緒形が熱演した、鮮烈な犯罪ドラマ。三國連太郎ら共演。

九州の福岡県下で、専売公社の職員2人の死体が発見された上、彼らが集金したたばこ代金の41万円が奪われていることが判明。やがて榎津厳の名前が容疑者として浮上する。その数日後、彼の遺書が宇高連絡船の甲板の上で見つかるが、実はそれは投身自殺を装ったものにすぎなかった。榎津自身はその後、大学教授になりすまして浜松に投宿し、そこの女主人ハルと懇ろな仲となる一方で、なおも犯罪を積み重ねていくのだが……。

作品データ

  • 制作年/1979
  • 制作国/日本
  • 内容時間/141分
  • 内容時間/141分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
榎津厳 緒形拳
榎津鎮雄 三國連太郎
浅野ハル 小川真由美
榎津加津子 倍賞美津子
浅野ひさ乃 清川虹子
吉里幸子 白川和子
柴田種次郎 殿山泰司

スタッフ

  • 監督
    今村昌平
  • 製作
    井上和男
  • 脚本
    馬場当
  • 撮影
    姫田真左久
  • 音楽
    池辺晋一郎

関連特集

4Kシアター

週末はWOWOWで4K映画を。

ユーザーレビュー

現在、3件のレビューが登録されています。

  • 登場人物の背景描写が少々薄いように感じる。

    • ★★★☆☆
    • Hank9599
    • 2021/03/07 15:39

    10代の時に観て、単なる事件再現映画と感じており、今回久しぶりに見直した。
    巌の生い立ち、戦後の混乱、宗教差別、貧富の差など。
    短い映画の中で多くを表現はできて
    続きを読む

  • 惜しい

    • ★★★★☆
    • chikocat
    • 2016/05/16 22:34

    原作とは大分違う雰囲気
    がんばってはいるが緒方拳はミスキャスト
    それでも最近の日本映画に比べると骨太で見ごたえがある
    三国連太郎の卑怯な感じがいい

  • 緒形拳、迫真の演技!

    • ★★★★★
    • 祭ばやしが聞こえる
    • 2011/03/23 15:16

    実在の人物、連続強盗殺人犯・・・榎津巌(西口彰をモデルにしたと云われている)の犯罪を緒形拳主演、監督・今村昌平が鋭く描いた実録犯罪映画です。犯行手口や暴力シ-ン 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

4Kシアター

週末はWOWOWで4K映画を。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの