映画
K-19

K-19
現在、放送予定はありません。

初航海中、思わぬ惨事に見舞われたソ連の原子力潜水艦とその乗組員たちの運命は……。H・フォードが主演と製作総指揮を兼ねた、実話に基づく壮絶なミリタリーサスペンス。

米ソ冷戦時代の1961年、初航海に出発したソ連の原子力潜水艦“K-19”の艦内で、予期せぬ放射能漏れ事故が発生。下手をすれば核戦争が勃発しかねない未曾有の危機の中、冷酷非情な艦長が下した決断とは……。それまで長年封印されてきたという歴史的実話をもとに、後に「ハート・ロッカー」で女性として史上初めてアカデミー賞で監督賞に輝いたK・ビグローが、全編に悲壮感漂う重厚なドラマを構築。フォードに加え、原潜の副長役を演じるL・ニーソン、P・サースガードら、男優陣の迫力ある演技も見ものだ。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0
K-19

初航海中、思わぬ惨事に見舞われたソ連の原子力潜水艦とその乗組員たちの運命は……。H・フォードが主演と製作総指揮を兼ねた、実話に基づく壮絶なミリタリーサスペンス。

1961年6月18日、ソ連の原子力潜水艦K-19は、突貫工事の末に初航海に出発。それまで部下たちの絶大な信頼を得ていたポレーニンに代わって新艦長に任命されたボストリコフは、あえて無謀な試運転を敢行し、ますます部下たちの反感を買うはめとなる。そんな折、原子炉の冷却装置に亀裂が生じ、放射能漏れの危険性が次第に艦内に拡大。絶体絶命の窮地に立たされた乗組員たちは、必死でそれを食い止めようとするが……。

作品データ

  • 原題/K-19:the Widowmaker
  • 制作年/2002
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/138分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
アレクセイ・ボストリコフ艦長 ハリソン・フォード
ミハイル・ポレーニン副長 リーアム・ニーソン
ヴァディム ピーター・サースガード
パヴェル クリスチャン・カマルゴ
コルニロフ レックス・シュラプネル
サヴラン ドナルド・サンプター
ゴレロフ イングヴァール・シガードソン

スタッフ

  • 監督
    キャスリン・ビグロー
  • 製作総指揮
    モリッツ・ボーマン
  • 製作総指揮
    ガイ・イースト
  • 製作総指揮
    ハリソン・フォードほか
  • 製作
    キャスリン・ビグロー
  • 製作
    エドワード・S・フェルドマン
  • 製作
    シガージョン・サイヴァッツォン
  • 製作
    クリス・ウィテカー
  • 脚本
    クリストファー・カイル
  • 撮影
    ジェフ・クローネンウェス
  • 音楽
    クラウス・バデルト

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 全員不幸な潜水艦乗り 誰も得しない鬱な展開

    • ★★★☆☆
    • HDMaster
    • 2016/09/22 10:26

    海上自衛隊の潜水艦乗りの皆さん 必見です。

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの