映画
ロード・トゥ・パーディション

ロード・トゥ・パーディション

4/11(木)午後1:00

「007 スカイフォール」のS・メンデス監督が、T・ハンクス、P・ニューマンら、実力派俳優たちを取りそろえて放ったギャング叙事詩。組織に狙われた父子の運命は!?

1930年代、大恐慌下のシカゴ。組織の非情な掟と親子の情愛、いったいどちらを選んで取るか、厳しい選択を迫られる、2組の父子。それぞれの対立を通して、メンデス監督は「ゴッドファーザー」ばりの重厚で息詰まるドラマを構築。ハンクス、ニューマン、J・ロウとそうそうたる人気・実力派俳優が顔をそろえて、見応えのある演技と個性対決を繰り広げたほか、第75回アカデミー撮影賞に輝いたC・L・ホールの落ち着いたカメラワークも見逃せない。 ※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 204
ロード・トゥ・パーディション

「007 スカイフォール」のS・メンデス監督が、T・ハンクス、P・ニューマンら、実力派俳優たちを取りそろえて放ったギャング叙事詩。組織に狙われた父子の運命は!?

1931年、大恐慌のさなかのシカゴ。アイルランド系マフィアのボス、ジョンから厚い信頼を得る腹心の幹部マイケル。ところが、それを妬ましく思うジョンの不肖の息子コナーは、マイケルの妻と次男を殺害する。長男にも危害が及ぶのを恐れるマイケルは、彼を連れて逃避行を続けながら復讐の機会をうかがう。一方、ジョンは思わぬ事態に驚くが、わが子かわいさのあまり、やむなくマイケル父子に殺し屋のマグワイアを差し向け……。

作品データ

  • 原題/Road to Perdition
  • 制作年/2002
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/117分
  • 内容時間(吹替版)/117分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第75回(2002)アカデミー賞撮影賞「コンラッド・L・ホール」

出演

役名 役者名
マイケル・サリヴァン トム・ハンクス
ジョン・ルーニー ポール・ニューマン
マイケル・サリヴァン・ジュニア タイラー・ホークリン
マグワイア ジュード・ロウ
コナー・ルーニー ダニエル・クレイグ
フランク・ニッティ スタンリー・トゥッチ
アニー・サリヴァン ジェニファー・ジェイソン・リー

スタッフ

  • 監督
    サム・メンデス
  • 製作
    リチャード・D・ザナック
  • 製作
    ディーン・ザナック
  • 製作
    サム・メンデス
  • 脚本
    デヴィッド・セルフ
  • 撮影
    コンラッド・L・ホール
  • 音楽
    トーマス・ニューマン

関連特集

アンコール!アカデミー賞特集2019

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 無音のガンアクション

    • ★★★★☆
    • ライヤ
    • 2012/12/19 01:13

    前々から観たいと思っており、ようやく観れたからか、濃厚で重厚なストーリーに最後まで心酔する事が出来ました。ギャング映画というよりも、父子のヒューマン映画と言った 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

アンコール!アカデミー賞特集2019

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの