映画
トータル・リコール(1990)

トータル・リコール(1990)

6/24(木)午前7:00

何者かに自分以外の記憶を植え付けられたと知った男は、真の自分を捜そうと火星に旅立つ。A・シュワルツェネッガーがアイデンティティーを失った主人公に扮したSF大作。

「ブレードランナー」「マイノリティ・リポート」などの原作者でもあるP・K・ディックの短編を、当時のハリウッドとしては巨額の製作費を投じ、シュワルツェネッガー主演で映画化。前述の2作と同様、本作も“人間とは何か”“現実とは何か”という哲学的テーマをはらみながら、自己を取り戻そうとする男の闘いを描写。「スターシップ・トゥルーパーズ」のP・ヴァーホーヴェン監督はあくの強い演出をたっぷりと盛り込み、異色のSF大作に仕上げた。後に「氷の微笑」でブレイクするS・ストーンの出演も見どころ。

My番組登録者数
  • 207
トータル・リコール(1990)

何者かに自分以外の記憶を植え付けられたと知った男は、真の自分を捜そうと火星に旅立つ。A・シュワルツェネッガーがアイデンティティーを失った主人公に扮したSF大作。

2084年。平凡な建設労働者ダグは、行ったことがない火星植民地の悪夢に悩まされるが、思い通りの夢を見られるバーチャル体験機“リコール・マシン”を試すと、自分の中に封印された火星の記憶がよみがえる。あの悪夢こそ現実なのか。混乱するダグは直後、謎の刺客たちに襲われ、帰宅後も、愛妻のロリに殺されかける。やがて彼は味方と称する男から渡されたスーツケースを開くが、そこには自分自身からのメッセージ映像が……。

作品データ

  • 原題/Total Recall
  • 制作年/1990
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/114分
  • 内容時間(吹替版)/114分
  • ジャンル/アクション/冒険・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
ダグ・クエイド アーノルド・シュワルツェネッガー
メリーナ レイチェル・ティコティン
ロリ シャロン・ストーン
ヴァイロス・コーヘーゲン ロニー・コックス
リヒター マイケル・アイアンサイド
ジョージ マーシャル・ベル
ベニー メル・ジョンソン・ジュニア

スタッフ

  • 監督
    ポール・ヴァーホーヴェン
  • 製作
    バズ・フェイトシャンズ
  • 製作
    ロナルド・シュセット
  • 脚本
    ロナルド・シュセット
  • 脚本
    ダン・オバノン
  • 脚本
    ゲーリー・ゴールドマン
  • 撮影
    ヨスト・ヴァカーノ
  • 音楽
    ジェリー・ゴールドスミス

関連特集

アンコール!アカデミー賞特集2021

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • いろんな設定の幕の内弁当!?

    • ★★★☆☆
    • 吾作
    • 2010/05/21 16:04

    アニメやSFなどから、これでもかと膨大な設定をたくさん詰め込んで作品にしましたという気がします。
    かなり凝っているので、真面目に設定をおっかけようとして見ると
    続きを読む

  • いいですね~

    • ★★☆☆☆
    • おとたん2
    • 2010/05/18 17:29

    いかにも・・・的なSF映画の王道を行くような?そんな映画の一本かな~

    普通に面白いけどネタ的にはどっかで聞いたことあるような・・・
    シュワちゃんも政治家に転身
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

アンコール!アカデミー賞特集2021

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの