映画
耳に残るは君の歌声

耳に残るは君の歌声

10/26(火)深夜0:30

J・デップら共演の感動編。離れ離れとなった父を捜す旅に出たユダヤ人少女フィゲレの運命を、「タンゴ・レッスン」のS・ポッター監督が映像と音楽を駆使し、劇的に描写。

ロシア、イギリス、パリ、NY。激動する時代の波にもまれ、世界各地を流浪するはめになったひとりの少女の波乱の運命を、ダンスの世界で活躍してきた異才女性監督ポッターが世界的に注目を集めるロマの音楽など、全編に多様な音楽を絡めながら劇的かつ情緒豊かに描写。ヒロイン役に「スピード・レーサー」のC・リッチ、その相手役に「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなどのデップという人気者2人が「スリーピー・ホロウ」に続いて顔合わせしたほか、C・ブランシェット、J・タトゥーロらが豪華に共演。

My番組登録者数
  • 332
耳に残るは君の歌声

J・デップら共演の感動編。離れ離れとなった父を捜す旅に出たユダヤ人少女フィゲレの運命を、「タンゴ・レッスン」のS・ポッター監督が映像と音楽を駆使し、劇的に描写。

1927年、ロシアの村で父親と平和に暮らす少女フィゲレ。ところが村にユダヤ人迫害の危機が迫り、父娘は離れ離れに。フィゲレは、かすかに耳に残る父親の子守歌を頼りにして父を捜そうと単身、旅に出る。船で英国に渡った彼女は、そこで移民としてキリスト教徒の家庭に預けられ、スーザンと名付けられて新生活へ。英語を理解できない彼女は自分の殻にこもるが、やがて自身の美しい歌声を通じて周囲と交流するようになっていく。

作品データ

  • 原題/The Man Who Cried
  • 制作年/2000
  • 制作国/イギリス/フランス
  • 内容時間(字幕版)/100分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
フィゲレ(スーザン) クリスティナ・リッチ
チェーザー ジョニー・デップ
ローラ ケイト・ブランシェット
ダンテ ジョン・タトゥーロ
フェリックス・パールマン ハリー・ディーン・スタントン
幼少期のフィゲレ クローディア・ランダー=デューク
ロマ・ダンサー パブロ・ヴェロン
フィゲレの父親 オレグ・ヤンコフスキー

スタッフ

  • 監督
    サリー・ポッター
  • 製作総指揮
    ティム・ビーヴァン
  • 製作総指揮
    エリック・フェルナーほか
  • 製作
    クリストファー・シェパード
  • 脚本
    サリー・ポッター
  • 撮影
    サッシャ・ヴィエルニー

関連特集

「ノマドランド」 放送記念!映画界を席巻する女性監督

世界を沸かせる女性監督たちの実力を知ろう

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • ジョニーはやっぱり素敵

    • ★★★★☆
    • ぽっち
    • 2009/03/04 14:08

    「チョコレート」のときと同じような役柄だが、渋い演技がとっても素敵。
    パイレーツみたいな派手な役柄もピッタリだが、別人のように落ち着いた演技のジョニーはとって
    続きを読む

  • ジョニーデップって!

    • ★★★☆☆
    • ぴくしーぴくしー
    • 2009/03/03 18:50

    どの映画を見ても、パイレーツのイメージが強すぎて…。

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

「ノマドランド」 放送記念!映画界を席巻する女性監督

世界を沸かせる女性監督たちの実力を知ろう

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの