メニュー

映画
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
現在、放送予定はありません。

「スター・ウォーズ(SW)」旧3部作の後に作られた新3部作の第1作で、「SWサーガ(大河物語)」の第1エピソード。エピソード6の16年後に完成して、当時話題に!

エピソード4~6からなる旧3部作の後、時代を過去にさかのぼって新たに前日譚を描いたのが、エピソード1~3からなる新3部作。エピソード6が作られてから16年ぶりの「SWサーガ」の新作ということで公開当時、後にルークとレイアの父親、そしてダース・ベイダーになるアナキンの成長と堕落を描くという新3部作の展開も大きく注目を集めた。ちなみにG・ルーカスが監督したのがエピソード4以来、22年ぶりというのも話題の的に。ルーカス監督は当時、CGの進化を受け、シリーズの再発進を決断したという。

My番組登録者数
  • 0
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

「スター・ウォーズ(SW)」旧3部作の後に作られた新3部作の第1作で、「SWサーガ(大河物語)」の第1エピソード。エピソード6の16年後に完成して、当時話題に!

遠い昔、はるか彼方の銀河系。銀河共和国と対立するようになった通商連合が銀河の重要な交易ルートである惑星ナブーを封鎖する事件が起き、共和国から2人のジェダイ騎士、クワイ・ガン=ジンとその弟子オビ=ワンがナブーに派遣される。命を狙われた2人は、ナブーの女王アミダラを連れて星を後にする。やがて一行はやむをえず、砂漠の惑星タトゥイーンに到着するが、強いフォース(理力)を持つ9歳の少年アナキンと出会い……。

作品データ

  • 原題/Star Wars Episode I: The Phantom Menace
  • 制作年/1999
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/137分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
オビ=ワン・ケノービ ユアン・マクレガー
クワイ=ガン・ジン リーアム・ニーソン
パドメ・アミダラ ナタリー・ポートマン
アナキン・スカイウォーカー ジェイク・ロイド
メイス・ウィンドゥ サミュエル・L・ジャクソン
パルパティーン イアン・マクディアミッド
ダース・モール レイ・パーク
C-3PO アンソニー・ダニエルズ
R2-D2 ケニー・ベイカー
侍女サーベ キーラ・ナイトレイ

スタッフ

  • 監督
    ジョージ・ルーカス
  • 製作総指揮
    ジョージ・ルーカス
  • 製作
    リック・マッカラム
  • 脚本
    ジョージ・ルーカス
  • 撮影
    デヴィッド・タッターサル
  • 音楽
    ジョン・ウィリアムズ
  • SFX
    ILM
  • 第2班監督
    ロジャー・クリスチャン

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • 音楽「運命の戦い」が感動の高みへと導く

    • ★★★★★
    • タカシータ
    • 2017/01/01 22:41

    第1作(EP4)より22年経って上映された『エピソード1〜ファントム・メナス〜』は,再開を待ち焦がれていた根強いファンから大きな支持をもって迎えられ,子どもから 続きを読む

  • 最大の見せ場

    • ★★★☆☆
    • s2-hasegawa
    • 2016/11/07 14:41

    ダースモール VS オビワン&クワイガン の決戦シーンだけでも見る価値あります。

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの