映画
シン・レッド・ライン

シン・レッド・ライン

1/28(木)深夜3:10

「ツリー・オブ・ライフ」のT・マリック監督が1978年の「天国の日々」以来、20年ぶりに放った話題作。太平洋戦争中の最前線の島を舞台に若い米兵たちの葛藤に肉薄。

2大カルト作「地獄の逃避行」「天国の日々」を残して映画界から消えた伝説の鬼才マリックが、本作で何と20年ぶりにカムバック。出演を熱望した俳優たちの豪華競演も見ものな戦争大作となった。アカデミー賞では受賞は逃したが7部門にノミネートされ、“マリック伝説”に新たな一頁を加えた。戦場の最前線で繰り広げられる死闘を、悠久の時の中に存在する自然やそこで生きる島民たちの姿と対比して描写。迫真の戦闘シーンにマリックの真骨頂たる叙情的描写・哲学的台詞が盛り込まれ、かつてない戦争映画になった。

My番組登録者数
  • 126
シン・レッド・ライン

「ツリー・オブ・ライフ」のT・マリック監督が1978年の「天国の日々」以来、20年ぶりに放った話題作。太平洋戦争中の最前線の島を舞台に若い米兵たちの葛藤に肉薄。

1942年、太平洋戦争下のソロモン諸島。米軍は日本軍が駐留するガダルカナル島の奪取を図り、上陸作戦を展開する。ウィット二等兵が所属するC中隊は、丘の上に設けられた日本軍のトーチカの攻略を命じられたが、隊を指揮するスタロス大尉は命令が自殺行為ではないかと反発する。しかし、手柄を焦る上官トール中佐はあくまでも突撃を主張し、若き兵士たちは銃弾の雨が降り注ぐ中、必死の行軍を開始するのだが……。

作品データ

  • 原題/The Thin Red Line
  • 制作年/1998
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/171分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第49回(1999)ベルリン国際映画祭金熊賞
  • 第49回(1999)ベルリン国際映画祭名誉表彰「ジョン・トール」

出演

役名 役者名
ウェルシュ曹長 ショーン・ペン
ウィット二等兵 ジム・カヴィーゼル
ベル二等兵 ベン・チャップリン
トール中佐 ニック・ノルティ
スタロス大尉 イライアス・コティーズ
ガフ大尉 ジョン・キューザック
ケック軍曹 ウディ・ハレルソン
マクローン軍曹 ジョン・サヴェージ
ボッシュ大尉 ジョージ・クルーニー
クィンタード准将 ジョン・トラヴォルタ

スタッフ

  • 監督
    テレンス・マリック
  • 製作
    ロバート・マイケル・ガイスラー
  • 製作
    ジョン・ロバデュー
  • 製作
    グラント・ヒル
  • 脚本
    テレンス・マリック
  • 撮影
    ジョン・トール
  • 音楽
    ハンス・ジマー

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレネタバレ?

    • ★★★★★
    • らっかせい
    • 2020/08/30 22:06

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの