映画
クレイマー、クレイマー

クレイマー、クレイマー
現在、放送予定はありません。

アカデミー賞で作品賞など5部門に輝いた、感動の名作。突然、家を出た妻に代わって、幼い息子の子育てに奮闘する父親。やがて法廷で息子の親権をめぐって妻と争うことに。

製作当時、米国で社会問題になりつつあった夫婦の別居・離婚を題材に、「俺たちに明日はない」などの名脚本家だったR・ベントン(監督第3作目)が、現代の家族愛のあり方を見つめた意欲作。時代の一歩先を的確に見た視点が、世界的にも高い評価(アカデミー賞以外もキネマ旬報ベスト・テン第1位など)を得た逸品。夫婦に扮した2大名優、D・ホフマンとM・ストリープの熱演に加え、J・ヘンリーの名子役ぶり、また欧州出身の名カメラマン、N・アルメンドロスの撮影も秀逸。いつの時代も考えさせられる傑作だ。

My番組登録者数
  • 0
クレイマー、クレイマー

アカデミー賞で作品賞など5部門に輝いた、感動の名作。突然、家を出た妻に代わって、幼い息子の子育てに奮闘する父親。やがて法廷で息子の親権をめぐって妻と争うことに。

ニューヨークのマンハッタン。結婚8年目のサラリーマン、テッド・クレイマーは忙しい毎日を送っているが、ある日突然、自立を決意した妻ジョアンナに家出されてしまう。テッドは仕方なく自力で7歳の息子ビリーの面倒をみるようになるが、仕事と子育ての両立は想像以上に厳しかった。やがてジョアンナは、ビリーの親権が自分にあると裁判所に訴え出るが、テッドは拒絶。クレイマー対クレイマーの裁判が法廷で争われることに……。

作品データ

  • 原題/Kramer vs. Kramer
  • 制作年/1979
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/105分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第52回(1979)アカデミー賞作品賞
  • 第52回(1979)アカデミー賞主演男優賞「ダスティン・ホフマン」
  • 第52回(1979)アカデミー賞助演女優賞「メリル・ストリープ」
  • 第52回(1979)アカデミー賞監督賞「ロバート・ベントン」
  • 第52回(1979)アカデミー賞脚色賞「ロバート・ベントン」

出演

役名 役者名
テッド・クレイマー ダスティン・ホフマン
ジョアンナ・クレイマー メリル・ストリープ
マーガレット ジェーン・アレクサンダー
ビリー・クレイマー ジャスティン・ヘンリー
ジョン ハワード・ダフ
フィリス ジョベス・ウィリアムズ
ジム ジョージ・コー

スタッフ

  • 監督
    ロバート・ベントン
  • 製作
    スタンリー・R・ジャフェ
  • 脚本
    ロバート・ベントン
  • 撮影
    ネストール・アルメンドロス
  • 音楽
    ヘンリー・パーセル

関連特集

アンコール!アカデミー賞特集2019

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ泣けます

    • ★★★★☆
    • 匂幡茉莉
    • 2010/12/04 08:29

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • フレンチトーストの映画!?

    • ★★★★★
    • 吾作
    • 2010/11/11 13:02

    有名な名作です。
    笑いあり、考えさせられるところがあり、心をキュッとつかまれる場面が数多くあります。
    お子さんがいる方は特にグッと心に響くのではないでしょう
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

アンコール!アカデミー賞特集2019

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの