メニュー

映画
キング・コング(1933)

キング・コング(1933)

7/17(日)午前2:15

巨大猿コングが銀幕に初登場した古典的名作。南海の孤島で発見されて生け捕りにされたコングは、巨大都市ニューヨークで逃走する。驚異の映像は永遠に語り継がれるだろう。

都市を破壊して暴れ回り、美女をつかんでエンパイア・ステート・ビルの屋上に向かうという物語は自然と文明のバランスなどさまざまなテーマを内包し、現代の神話たる風格十分。W・オブライエンがストップモーションアニメで動かしたコングの、どこか愛らしい動作と表情も見もの。同年、続編「コングの復讐」が製作されたほか、1976年と2005年にはリメイク版も作られた。共同製作・監督のひとりM・C・クーパーは、後にジョン・フォード監督と組み、「アパッチ砦」「静かなる男」などの名作をプロデュース。

My番組登録者数
  • 220
キング・コング(1933)

巨大猿コングが銀幕に初登場した古典的名作。南海の孤島で発見されて生け捕りにされたコングは、巨大都市ニューヨークで逃走する。驚異の映像は永遠に語り継がれるだろう。

映画製作者デナムが率いる撮影隊は船に乗り、地図に載っていない南海の孤島“髑髏島”をロケで訪れる。やがて地元住民たちにさらわれてしまった主演女優アンは、島で生きる巨大猿コングにいけにえとしてささげられそうになる。だが寸前に救助され、デナムと船員ジャックはコングを生け捕りにする。コングはニューヨークに連れて行かれ、そこで見世物にされるが、思わず興奮して自分をつないだ鎖を切って逃走。街はパニックに……。

作品データ

  • 原題/King Kong
  • 制作年/1933
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/101分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

受賞歴

  • 第78回(2005)アカデミー賞視覚効果賞「ジョー・レッテリ、B・V・ハル、クリスチャン・リヴァーズ、リチャード・テイラー」
  • 第78回(2005)アカデミー賞音響編集賞「マイク・ホプキンス、イーサン・ヴァン・ダー・リン」
  • 第78回(2005)アカデミー賞録音賞「C・ボイズ、M・セマニック、M・ヘッジズ、H・ピーク」

出演

役名 役者名
アン・ダーロウ フェイ・レイ
カール・デナム ロバート・アームストロング
ジャック・ドリスコル ブルース・キャボット
エングルホーン船長 フランク・ライチャー
チャールズ・ウェストン カム・ハーディー

スタッフ

  • 監督
    メリアン・C・クーパー
  • 監督
    アーネスト・B・シェードサック
  • 製作総指揮
    デヴィッド・O・セルズニック
  • 製作
    メリアン・C・クーパー
  • 製作
    アーネスト・B・シェードサック
  • 原案
    エドガー・ウォレス
  • 原案
    メリアン・C・クーパー
  • 脚本
    ジェームズ・アシュモア・クリールマン
  • 脚本
    ルース・ローズ
  • 撮影
    エディ・リンデン
  • 撮影
    ヴァーノン・L・ウォーカー
  • 撮影
    J・O・テイラー
  • 音楽
    マックス・スタイナー
  • VFX
    ハリー・レッドモンド・ジュニア
  • VFX
    ウィリス・オブライエン

関連特集

ゴジラ&キングコングスペシャル

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

ゴジラ&キングコングスペシャル

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの