映画
タイタニック(1997)

タイタニック(1997)

約1500人が命を落とした豪華客船タイタニック号の沈没事故を再現。「アバター」に抜かれるまでの史上最高の大ヒット作。アカデミー賞で史上最多タイの11部門受賞。

アカデミー賞では「ベン・ハー」とタイで並ぶ11部門を受賞。全世界の合計興行収入18億ドルは、2010年、同じJ・キャメロン監督の「アバター」に抜かれるまで史上最高だった名作。キャメロン監督は当初実現不可能といわれた本作を、予定より半年も遅れながら執念で完成。メキシコに本作のためだけに撮影所を作り、そこで実寸に近いタイタニック号(全長約268m)のレプリカを建造してセットに使うなど、そのエネルギーは本物のタイタニック号を引き揚げるのに匹敵したとの声も。映画史の一つの頂点だ。

My番組登録者数
  • 269
タイタニック(1997)

約1500人が命を落とした豪華客船タイタニック号の沈没事故を再現。「アバター」に抜かれるまでの史上最高の大ヒット作。アカデミー賞で史上最多タイの11部門受賞。

1912年に沈没したタイタニック号の調査が行なわれていることをTVで知った、101歳の老女性、ローズ。彼女は沈没事故の生存者のひとりだった。若かりし日のローズは、上流社会の娘として英国から米国のニューヨークに向かうタイタニック号に乗り合わせ、船上で出会った自由に生きる青年、ジャックとたちまち愛し合う仲になった。だが船は氷山に衝突して海中に沈没しだし、ジャックとローズは決死のサバイバルに挑んだが…。

作品データ

  • 原題/Titanic
  • 制作年/1997
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/195分
  • 内容時間(吹替版)/195分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春・歴史劇/時代劇/西部劇

受賞歴

  • 第70回(1997)アカデミー賞作品賞
  • 第70回(1997)アカデミー賞監督賞「ジェームズ・キャメロン」
  • 第70回(1997)アカデミー賞撮影賞「ラッセル・カーペンター」
  • 第70回(1997)アカデミー賞美術賞「ピーター・ラモント、マイケル・フォード 」
  • 第70回(1997)アカデミー賞編集賞「コンラッド・バフ四世、ジェームズ・キャメロン、リチャード・A・ハリス」
  • 第70回(1997)アカデミー賞視覚効果賞
  • 第70回(1997)アカデミー賞衣装デザイン賞「デボラ・リン・スコット」
  • 第70回(1997)アカデミー賞音響賞
  • 第70回(1997)アカデミー賞音響効果編集賞
  • 第70回(1997)アカデミー賞ドラマ音楽賞「ジェームズ・ホーナー 」
  • 第70回(1997)アカデミー賞歌曲賞「ウィル・ジェニングス、ジェームズ・ホーナー」

楽曲情報

  • セリーヌ・ディオン
    マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(“My Heart will Go on”)

出演

役名 役者名
ジャック レオナルド・ディカプリオ
ローズ ケイト・ウィンスレット
キャル ビリー・ゼーン
現在のローズ グロリア・スチュアート
モリー・ブラウン キャシー・ベイツ
ブロック ビル・パクストン
ルース フランセス・フィッシャー
エドワード・J・スミス船長 バーナード・ヒル

スタッフ

  • 監督
    ジェームズ・キャメロン
  • 製作
    ジェームズ・キャメロン、ジョン・ランドー
  • 脚本
    ジェームズ・キャメロン
  • 撮影
    ラッセル・カーペンター
  • 音楽
    ジェームズ・ホーナー
  • 編集
    ジェームズ・キャメロンほか
  • SFX
    デジタル・ドメイン
  • スタントコーディネート
    サイモン・クレーン
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの