映画
未知との遭遇[ファイナル・カット版]

未知との遭遇[ファイナル・カット版]

4/17(金)午前9:00

従来のSF映画と異なり、異星人を侵略者としてではなく友好的な訪問者として捉え、人類との接近遭遇をスリリングかつ感動的に描いたS・スピルバーグ監督の代表作の1本。

スピルバーグが人類と異星人の“第三種接近遭遇”を壮大なスケールで描き、「JAWS ジョーズ」に続いて大ヒット。同じ1977年に発表された「スター・ウォーズ」とともに、世界に映画の新時代を到来させたSFファンタジー大作「未知との遭遇」。1980年に再編集した“特別編”が公開されたが、さらに1998年には再々編集が行なわれ(主人公ロイが妻と口論をする場面などの短い場面やカットが加わった)、この“ファイナル・カット(最終編集)版”となった。映画史に残るクライマックスの映像美は必見。

My番組登録者数
  • 245
未知との遭遇[ファイナル・カット版]

従来のSF映画と異なり、異星人を侵略者としてではなく友好的な訪問者として捉え、人類との接近遭遇をスリリングかつ感動的に描いたS・スピルバーグ監督の代表作の1本。

第2次世界大戦中に消息を絶った戦闘機が突然メキシコの砂漠で見つかるなど、世界各地で不思議な出来事が相次ぐ。米国のインディアナ州に住む電気技師ロイは偶然UFOを目撃して以来、奇妙な感覚にとらわれ、やがて何かに引き寄せられるように、ワイオミングの人里離れた土地にあるデビルズタワーへたどり着く。そこでは異星人研究の第一人者ラコーム博士が異星人との交信を試みていたが、そこで奇跡のような出来事を目撃する。

作品データ

  • 原題/Close Encounters of the Third Kind
  • 制作年/1977
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/138分
  • 内容時間(吹替版)/138分
  • ジャンル/SF/ファンタジー

受賞歴

  • 第50回(1977)アカデミー賞撮影賞「ヴィルモス・ジグモンド」
  • 第50回(1977)アカデミー賞特別業績賞

出演

役名 役者名
ロイ・ニアリー リチャード・ドレイファス
クロード・ラコーム フランソワ・トリュフォー
ロニー・ニアリー テリー・ガー
ジリアン メリンダ・ディロン
トビー・ニアリー ジャスティン・ドレイファス
デビッド・ロフリン ボブ・バラバン
ロバート ランス・ヘンリクセン

スタッフ

  • 監督
    スティーヴン・スピルバーグ
  • 製作
    ジュリア・フィリップス
  • 製作
    マイケル・フィリップス
  • 脚本
    スティーヴン・スピルバーグ
  • 撮影
    ヴィルモス・シグモンド
  • 音楽
    ジョン・ウィリアムズ

関連特集

アンコール!アカデミー賞特集2020

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • さもありなん……

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2016/01/05 14:47

    …年末年始は初回放送ものが少ないので、溜め置いたBD(2000作以上)から無作為にチョイスして観てみた。
    …1971年『激突!』、1975年『JAWS/ジョー
    続きを読む

  • スピルバーグはエイリアンか?

    • ★★★★★
    • ライヤ
    • 2012/12/30 00:45

    この映画を退屈と感じるか、素晴らしいと感じるかで、視聴者のエイリアン度数が判別出来ると思います。マニアには堪らない事実的要素が散りばめられたストーリーには、いち 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

アンコール!アカデミー賞特集2020

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの