映画
その男、凶暴につき

その男、凶暴につき

3/5(金)午前11:00

3/24(水)午前7:00

後に“世界のキタノ”と呼ばれる北野武の見逃せない監督第1作。もう一つの顔、ビートたけしとして主演も務め、破滅的な暴力刑事を熱演した衝撃のバイオレンスアクション。

元々は深作欣二監督の作品として企画されたのが、諸事情あって製作中止になりかけたのを、奥山和由プロデューサーが主演のたけしを監督に抜擢し、たけしは本名の北野武名義で監督デビュー。公開当時、“本物の暴力とは日常的に内在するところにあるはずだ”と語った北野監督は、野沢尚の脚本に大胆なほど手を加え、乾いたタッチのリアリズムを基調とする、単なるバイオレンスを越えた“滅びの哲学”を展開。当時、多くの観客に“これが本当に(あの)たけしの映画?”と言わしめた、北野流ハードボイルドの原点だ。

My番組登録者数
  • 234
その男、凶暴につき

後に“世界のキタノ”と呼ばれる北野武の見逃せない監督第1作。もう一つの顔、ビートたけしとして主演も務め、破滅的な暴力刑事を熱演した衝撃のバイオレンスアクション。

東京の湾岸地域の警察署に勤務する刑事の我妻は単独行動が多く、時に暴力も辞さないという無茶をしがちな、はみ出し者の刑事。麻薬の売人が殺された事件を若い新人刑事、菊地と担当することになるが、捜査を続けるうち、刑事仲間も絡んだ組織的な麻薬犯罪と、その黒幕である青年実業家、仁藤にたどり着く。やがて仁藤の手先である残忍な殺し屋・清弘とその一味は、我妻の妹、灯を誘拐してしまい、我妻は怒りを爆発させていく……。

作品データ

  • 制作年/1989
  • 制作国/日本
  • 内容時間/103分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
我妻 ビートたけし
清弘 白竜
灯 (我妻の妹) 川上麻衣子
吉成 (新署長) 佐野史郎
仁藤 岸部一徳
岩城刑事の妻 音無美紀子
菊地刑事 芦川誠
新開 吉澤健
柄本 遠藤憲一
織田 寺島進

スタッフ

  • 監督
    北野武
  • 製作
    奥山和由
  • 脚本
    野沢尚
  • 撮影
    佐々木原保志
  • 音楽
    久米大作

関連特集

特集:松竹映画の100年

1世紀の歴史から名作・傑作を計10本厳選

ユーザーレビュー

現在、4件のレビューが登録されています。

  • オリジナルでの放送をお願いします

    • ★★☆☆☆
    • yukino0729
    • 2021/02/23 02:51

    あのセリフをカットしてはいけません。
    あのセリフこそが、この作品の悲しいテーマだと思います。

  • 残念です…(>_<)

    • ★★★☆☆
    • kztkzt
    • 2016/05/10 00:51

    かなり綺麗なマスターで放送して頂き嬉しかったです。

    しかし、オリジナルを尊重して放送すると言う割りには最後の方のある台詞が二ヶ所カットされてたのが少し残念
    続きを読む

  • キタノ映画の原点にて最高傑作

    • ★★★★★
    • ちゃん68
    • 2011/12/10 10:07

    初監督作品にしてキタノ映画の最高傑作
    話の流れ、テンポ、転回、全く無駄がありません。

    本作は深作欣二降板により急遽タケシが監督を
    務めるという厳しい条
    続きを読む

  • キタノ映画の原点

    • ★★★★★
    • ちゃん68
    • 2011/12/10 10:01

    初監督作品にて最高傑作。本編は深作欣二降板に伴い急遽ビートたけしが代わり務めるという苦肉の策で制作された。が、これが怪我の巧妙、新しい時代の日本映画到来にワクワ 続きを読む

もっと見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

特集:松竹映画の100年

1世紀の歴史から名作・傑作を計10本厳選

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
4K画面解像度放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの