映画
マイ・レフトフット

マイ・レフトフット
現在、放送予定はありません。

第62回アカデミー賞でD・デイ=ルイスへの主演男優賞など2部門を受賞した、感動のヒューマンドラマ。脳性小児まひだった実在の画家クリスティ・ブラウンの半生を再現。

後に「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「リンカーン」でもアカデミー賞の主演男優賞に輝き、史上初めて同部門を3回授賞することになる屈指の実力派デイ=ルイスが主演。彼が演じるのは脳性小児まひのため、絵筆を左足で操った実在の画家クリスティ・ブラウン役で、デイ=ルイスは全身を駆使して体当たりで熱演。ブラウンの母親ブリジット役でやはりアカデミー賞の助演女優賞に輝いた、B・フリッカーが表現する母性も見もの。 監督は「父の祈りを」「ボクサー(1997)」でもデイ=ルイスと組むJ・シェリダン。

My番組登録者数
  • 0
マイ・レフトフット

第62回アカデミー賞でD・デイ=ルイスへの主演男優賞など2部門を受賞した、感動のヒューマンドラマ。脳性小児まひだった実在の画家クリスティ・ブラウンの半生を再現。

1932年、アイルランドのダブリン。ブラウンは貧しい家庭に生まれたが、脳性小児まひを患い、四肢のうち左足以外は不自由だった。それでもブラウンは、息子について嘆く父親パディと、息子の将来を信じる母親ブリジットによって育てられていく。最初は知能も劣っていると考えられたブラウンだが、算数の勉強を通じて自身に知性があることを示していく。やがて彼は左足を使って文字を書いたのに続き、絵画も描くようになり……。

作品データ

  • 原題/My Left Foot: The Story of Christy Brown
  • 制作年/1989
  • 制作国/アイルランド/イギリス
  • 内容時間(字幕版)/103分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第62回(1989)アカデミー賞主演男優賞「ダニエル・デイ=ルイス」
  • 第62回(1989)アカデミー賞助演女優賞「ブレンダ・フリッカー」

出演

役名 役者名
クリスティ・ブラウン ダニエル・デイ=ルイス
ブリジット・ブラウン ブレンダ・フリッカー
パディ・ブラウン レイ・マカナリー
少年時代のクリスティ・ブラウン ヒュー・オコナー
アイリーン・コール フィオナ・ショウ
メアリー・カー ルース・マッケイブ

スタッフ

  • 監督
    ジム・シェリダン
  • 製作
    ノエル・ピアソン
  • 脚本
    シェーン・コノートン
  • 脚本
    ジム・シェリダン
  • 撮影
    ジャック・コンロイ
  • 音楽
    エルマー・バーンスタイン

関連特集

フィルムガレージ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

フィルムガレージ

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの