映画
愛と追憶の日々

愛と追憶の日々
現在、放送予定はありません。

ある母と娘が女性同士、33年間にわたって織り成す交流を、笑いと涙、喜びと哀しみの中に綴り、第56回アカデミー賞で作品賞など5部門で受賞した女性ドラマの感動編。

ある時は姉妹のようで、またある時は親友のようでもある母娘を、ベテラン女優S・マクレーンと、「愛と青春の旅だち」のD・ウィンガーがしっとりと好演。母を愛で支える男性役でもうひとりのベテラン、J・ニコルソンも存在感たっぷりの好共演。監督は、後にやはり傑作「ブロードキャスト・ニュース」やニコルソン主演の「恋愛小説家」を手がけるJ・L・ブルックス。33年の時間の流れを、それぞれの時代を代表するような色が濃い、名曲の数々をBGMに使って浮かび上がらせているのも魅力的な“聴きどころ”だ。

My番組登録者数
  • 0
愛と追憶の日々

ある母と娘が女性同士、33年間にわたって織り成す交流を、笑いと涙、喜びと哀しみの中に綴り、第56回アカデミー賞で作品賞など5部門で受賞した女性ドラマの感動編。

1948年、テキサス州ヒューストン。オーロラは自分が産んだ娘をエマと名付ける。夫と死別した後、手塩にかけてエマを育てるオーロラにとって何よりの楽しみは、エマの成長だった。しかし、21歳になったエマはオーロラの反対を押し切って、ある大学教師と結婚してしまう。エマが去ってから1年後、オーロラの家の隣に住む元宇宙飛行士ギャレットは寂しそうなオーロラを慰める。オーロラはエマとの関係をすべて切り捨てるが…。

作品データ

  • 原題/Terms of Endearment
  • 制作年/1983
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/132分
  • ジャンル/ドラマ

受賞歴

  • 第56回(1983)アカデミー賞作品賞
  • 第56回(1983)アカデミー賞主演女優賞「シャーリー・マクレーン」
  • 第56回(1983)アカデミー賞助演男優賞「ジャック・ニコルソン」
  • 第56回(1983)アカデミー賞監督賞「ジェームズ・L・ブルックス」
  • 第56回(1983)アカデミー賞脚色賞「ジェームズ・L・ブルックス」

楽曲情報

  • エセル・マーマン
    Anything Goes
  • キャロル・キング
    I Feel the Earth
  • ジュディ・ガーランド
    For Me and My Gal
  • サントラ
    ウエスト・サイド物語
  • ほか

出演

役名 役者名
オーロラ シャーリー・マクレーン
エマ デブラ・ウィンガー
ギャレット ジャック・ニコルソン
サム ジョン・リスゴー
フラップ ジェフ・ダニエルズ
パッツィ ライザ・ハート・キャロル
バーノン ダニー・デヴィート

スタッフ

  • 監督
    ジェームズ・L・ブルックス
  • 製作
    ジェームズ・L・ブルックス
  • 脚本
    ジェームズ・L・ブルックス
  • 撮影
    アンジェイ・バートコウィアク
  • 音楽
    マイケル・ゴア

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ久しぶりに見ました。

    • ★★★★★
    • ISHU
    • 2018/08/10 20:36

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

  • 珠玉の作品

    • ★★★★★
    • indigo-blue
    • 2013/11/07 00:03

    「観て良かった!!」
    一言で言うなら、この感想です。
    映画の題名は知ってはいましたが、いままで観た事がなかったのですが、やはり素晴らしい映画でした。脚本や、
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの